読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

格安スマホ SIMで節約生活^^

格安スマホと格安SIMの記事を書いています。大人気の『ZenFone』『HUAWEI』の記事や、MVNOの『Nifmo』さん『楽天モバイル』さん『DMMモバイル』さんなどの紹介記事を中心に、格安スマホへ乗り換える人や、検討、比較をする人に読んで頂ければ幸いです^^皆さんも格安スマホで節約生活しましょう!

新入学に合わせてスマホを買ってあげる親御さんへ。中、高、大と進学別におススメの紹介です パート2

■前回の続きです。

f:id:mihohime:20160322193117j:plain

 

前回から1週間も経ってしまいました^^;

はてなさんとのちょっと色々がありまして・・・

また機会があればその話も。

 

さて、前回の続きを今回は書いていきます。

もう前回が前過ぎたので忘れてしまったよって方はこちらからお読みください。

 

前回は中学生、高校生になるお子様へ向けた記事を書いていきました。

この年代は結局は格安スマホよりもiphoneが妥当だと言う結果になり、残念に思った方も多かったかもしれません^^;

 

しかし、大人からみたスマホはたたの通信アイテムに過ぎないのかもしれませんが、この年代の方にとっては、重要なコミュニケーションツールであり、日記であり、辞書であり、友達でもあったりするのです。

ただ安いだけで格安スマホにしてしまえる程簡単では無いことをご理解ください。

 

さて、今回は大学生にあがるお子様に買ってあげるスマホを紹介していきます。

 

■自分で買わせるのも一つの考えです。

いきなり元も子も無いことを言いますが、大学生に上がる子でしたら、自分で選ばせて買うのも十分にありです。

 

その際に、支払いも自分でさせるようにする。

大学生ともなれば、親からみたらまだまだ子供ですが、世間から見たら十分に責任能力の有無を問われる年齢になります。

 

と言ってもつい先日まで高校生だった人にいきなり責任を負えなんて言うのも酷な話。

なので、こういったところから少しづつ慣れていってもらうのも一つの考えだと私は思っています。

 

ただ甘やかすのが優しさではないですよね?

今後数年もすれば晴れて社会人になるのです。

社会に出てなるべく適応しやすくさせてあげるもの優しさの一つだと思います。

 

■でも買ってあげたい親御さんへ

f:id:mihohime:20160322194541j:plain

 

とは言っても、大学受験を必死に頑張ったわが子にご褒美の一つも上げたくなるのが、親心ですよね^^

受験に受かった際の約束として、スマホを買うなんて人もいるはずです。

 

そんな方々の為におススメの格安スマホを紹介していきます。

 

1、やっぱりiphone

f:id:mihohime:20160322205355j:plain

 

やはり単純にiphoneがおススメです。

その際に、格安SIMを入れてあげてもいいでしょう。

 

SIMフリー機なら格安SIMでの運用が問題なく出来ます。

前回の記事でも紹介した『FREETEL』のSIMが、iphoneのAPPへの通信料を無料にしてくれるなど、iphoneユーザーには使いやすいSIMになります。

2、テザリングを考えた日本製

f:id:mihohime:20160322210032j:plain

楽天モバイル:期間限定 イチオシ機種割引キャンペーン!

 

大学生になるさいに、家から出て下宿先で初めての一人暮らしになる人も多いでしょう。

となると、PCを使ってネットや調べものをしながらレポートを書く際に、絶対にネット環境が必要になります。

 

となると、ポータブルwi-fiなどで使用も考えられますが、今のスマホには大体『テザリング』機能が付いています。

 

この機能は簡単に言うと、スマホをwi-fiの機械にすることが出来る機能。

と言うことでスマホさえあれば、ネット環境も整えることが出来るんです^^

 

ただ、そうなると気を付けなくてはいけないのが、電波の強度。

全てをスマホで行うため、スマホの回線強度が低いと、困ってしまいます。

 

となると候補に挙がってくるのが、日本製のスマホ。

海外製のスマホでもテザリングが出来ますが、wi-fiとして使うのに電波の強度が弱いとか、電波の広いが悪いとか、色々な問題をたびたび耳にします。

 

その辺りは日本製のスマホはしっかりとしている方なので、とりあえず安心したい方には、日本製のスマホをおススメします。

 

丁度、楽天さんで日本のSHARPの格安スマホ『AQUOS』が値引きで販売されているので、検討してみたらいかがでしょうか?

 

その他にも、日本製のスマホはありますし、中古機種なんかでも良い機種があります。

とにかく困らない為の日本製。

こんな考え方もありではないでしょうか?

 

■データー量は多めにしましょう

f:id:mihohime:20160322211412j:plain

 

さて、機体は大学生にもなれば、自分で欲しい物があるでしょうから、ここであーだこーだ考えるよりも、本人に聞くのが一番かもしれません^^;

 

しかし、格安スマホを選んだとしたら『データー量』は多めに設定しておきましょう。

 

理由は簡単。

今までの生活以上にデーターを使用するケースが増えるからです。

友人とのコミュニケーションや、授業のカリキュラムの確認、バイト先の連絡や、ネットの使用・・・

 

今までは家でのwi-fiなどを利用し、上手に節約していたものが、一切使えなくなります。

となれば、本当にあまり使わない子でも、ちょっと余裕を持ったプランにしておいてあげましょう。

 

個人的には5GBは欲しいと思います。

FREETELなどの段階的プランも、むしろ安心に思えます。

 

まったく知らない土地に一人で生きていくのです。

調べものも、コミュニケーションも今まで以上にすることでしょう。

 

■まとめ

今回の記事はおススメの紹介と言うよりは、考え方の紹介になってしまいました^^;

 

よくよく考えたら、この位の子供達は下手をしたら私よりもスマホに詳しい子が多いですよね。

そういった子なら、親がどうこう考えるより、素直に欲しい機体を聞くのが一番なのかもしれません。

 

費用が掛かることなので、なるべく格安スマホで抑えられたら・・・

なんて気持ちも分かりますが、人と違うだけでいじめられる時代に世代。

親の多少の我慢も致し方ないのかもしれませんね^^;

 

とりあえず、スマホを買ってもらえるって言って、嫌がる子はいないでしょうから、普段あまり話をしない親子も、スマホをだしに話をしてみてはいかがでしょうか?

 

表面は変わっても、中身は小さい頃のお子様のままですよ^^

たまには、小さかった頃の話をしてみるのも良いかもしれませんね。

 

スマホは通話をしなくても、いつの間にか大事なコミュニケーションツールになってくれているのかもしれません・・・

 

フォローやブログ応援をお願いします^^ブログ運営の励みになります

follow us in feedly にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ スマホ・携帯情報へにほんブログ村 スマホ・携帯ブログ 格安SIMカード・MVNOへ

スポンサードリンク
   

ついでに読みたい!他の最新記事はこちらです