読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

格安スマホ SIMで節約生活^^

格安スマホと格安SIMの記事を書いています。大人気の『ZenFone』『HUAWEI』の記事や、MVNOの『Nifmo』さん『楽天モバイル』さん『DMMモバイル』さんなどの紹介記事を中心に、格安スマホへ乗り換える人や、検討、比較をする人に読んで頂ければ幸いです^^皆さんも格安スマホで節約生活しましょう!

【楽天モバイル】 機種代と無料通話を合わせて、毎月たったの1,880円!楽天モバイルのコミコミプランを調べてみた

【キャリア】楽天モバイルさんから買う?

■これでいいじゃん?そんな感じがするプランが出ています

f:id:mihohime:20160711062137j:plain

楽天モバイル: コミコミプラン

 

何かと元気の良い楽天モバイルさん。

 

通話SIMの実質No.1 MVNOになったばかりなのに、更なる追撃の手をゆるめません。

 

今回ご紹介する『コミコミプラン』もその一つ。

 

このコミコミプランには・・・

 

・機種代

・高速データ通信

・無料通話

 

この3つが揃っての定額販売。

 

その価格が最安で1,880円~なんです^^;

 

もう凄すぎて『これでいいじゃん?』って言わせたいんでしょ?って感じのプランになっています。

 

今回はこの『コミコミプラン』を調べてみました。

 

■選べる種類は3種類

f:id:mihohime:20160713084045j:plain

 

ます、選べる種類は3種類。

 

最も安いもので1,880円、高いもので2,980円(共に税別)

となり、かなりの安価でのスタートが出来ます。

 

しかし、気を付けなくてはいけないのが、その値段。

一番安価なもので1,880円ですが、その期間は最初の1年になり、2年目は2,980円、3年目以降は2,446円/月と値段が変わります。

 

他の2プランも同様に、1年目は安く、2年目は高く、3年目で落ち着いて・・・そんなプランになっています。(詳細の値段が上記画像にあります)

 

 

また、プランによって選べる機種が限定されています。

 

1,880円のコミコミプランSは、ZTEの『BLADE E01』。

 

2,480円のコミコミプランMはHUAWEIの『HUAWEI P9 lite』

 

2,980円のコミコミプランLは富士通の『arrows M03』となります。

 

どの機種もエントリーモデルとして十分な機体ですが、BLADE E01はちょっとランクが下がります。

 

HUAWEIやarrowsの出来が良いだけに、この機体を選ぶのはちょっと・・・

でも安いしな~・・・・ってところでしょうか^^;

 

■プランに含まれているものは?

次にこのコミコミなプランに含まれているものを紹介します。

例としてHUAWEI P9 liteのプランでご紹介します。

 

1、端末代金

f:id:mihohime:20160713085450j:plain

まずは端末の代金が24回払いにて含まれます。

これがそのHUAWEI P9liteになります。

f:id:mihohime:20160713085606j:plain

 

発売からかなりの人気で、価格以上の実力があるモデルとして有名な機体です。

一昔前の高級機と同等以上の性能を持ち、更には価格が2万円台で買えるところもある・・・

売れない理由がないのです^^

 

この機体ならば相当なヘビーユーザーで無い限り、十分でしょう。

 

2、高速データ使用料

f:id:mihohime:20160713085943j:plain

 

このコミコミプランMには2GBの高速データ通信が含まれています。

4GBはコミコミプランLだけです。

 

2GBもあれば、動画や配信などを見ない限り、普通に使っても十分な容量です。

ドコモの回線を使うので、速度は安心・・・ではなく、最近は加入者が増えたため、回線が遅くなっているという情報が・・・

 

実際に私も使っていますが、確かに遅い時間が増えてきました・・・

 

3、かけ放題オプション(5分以内)

f:id:mihohime:20160713090243j:plain

 

さらに、普通の通話を5分以内なら何回してもOKと言う、かけ放題オプションも付いてきます。

 

普段の電話で5分以上通話をするケースはあまりありませんから、実質的にかけ放題になっている人も多いでしょう。

 

ちなみに、『楽天でんわ』と言うアプリへの(無料)加入が必須です。

 

■コミコミの場合と普通の場合、どのくらい値段が違うの?

結局はここにいきつく人も多いですよね?

 

『結局コミコミにしたらいくら安くなっているの?』

  

と言うことでコミコミプランM(HUAWEI P9 Lite)を参考に、コミコミで買った場合と、通常の方法で買った場合の価格の比較をしてみます。

 

1、端末費用

f:id:mihohime:20160713090813j:plain

 

端末は分割でも、一括でも買うことが出来ます。

ここでは分かりやすく分割の費用の『1,349円』を比較の対象にします。

ただ、これだと税込みなので、税別にすると1249円です。

 

 

2、高速データ+通話SIM

f:id:mihohime:20160713091046j:plain

次に、通信費用です。

 

こちらは比較が出来ないように、2GBや4GBの設定が無いようになっています^^;

ですので、最も近い、3.1.GBの費用、通話SIMの1,600円に設定します。

 

*機体代1,249+通信1,600=2,849

 

3、かけ放題オプション

f:id:mihohime:20160713091426j:plain

 

最後に、楽天でんわのかけ放題オプションの850円を足して、これで料金の完成です。

 

4、合計は?

 

さて、これで料金プランの完成です。

まずは機体代の1,249円。

次に通信費の1,600円。

最後にかけ放題の850円。

 

合計すると・・・1249+1600+850=3,699円

となりました。

税込みで3,994円です。

 

もう一度コミコミプランの料金表を見てみると

f:id:mihohime:20160713084045j:plain

 

コミコミプランは2,480円に税を足して2,678円となり、1,300円以上安くなる計算になります^^

 

更には料金が上がる2年目は通常が3,758(税込)円と、コミコミが多少安く、更に3年目は機体代が無くなるので、通常も2,518円まで落ちますが、コミコミなら2,408円と若干安くなります。

 

この結果をみると、コミコミプランにした方が、1年目は1年で15,000円程度、2年目は1年で3,000円程度、3年目以降は月に100円程度安くなります。

 

金額で見るとかなりのお得が見えてきます^^

 

同じように、コミコミSもお安く、コミコミLは5GBのプランと比べて安くなります。

 

■注意事項

ただ単に安くなるだけだと思い痛い目に合う前に、注意事項の説明です。

 

1、縛り期間が1年から2年へ延長

通常1年だった縛り期間が2年へ延長されます。

この期間中に解約をすると、契約解除手数料が発生します。

 

なんと通常は9,800円のところ、コミコミプランは12,000円に値上げされています^^;

 

2、高速通信は2GBor4GB

大きく値が下がる1年目以降も、若干値が下がると言いましたが、あくまでもコミコミは2GBor4GBの設定です。

 

通常の3.1GBや5GBよりも通信料が減った分安くなったと考えても良いでしょう。

実際に追加でデータを買った場合は、100MB(0.1GB)で300円もするので1GBは3000円の価値があることになります。

 

まあ、追加の費用が確実にぼったくり商売なので、仕方ないことですが、データを多く使おうと思っている方は、結構損をする可能性もあります。

 

■まとめ

色々な注意事項もありましたが、かなり安く買えるチャンスをくれた『楽天モバイル』さん。

 

色々選べて自分の予算や使い方が出来るのが、格安スマホの良い所ですが、その選び方が分からないまたは、選ぶのが面倒・・・

 

そんな方も多いのもまた事実。

そういった方もこのコミコミプランなら選びやすいでしょう^^

 

今年に入り、No.1の座を勝ち取った楽天モバイルさん。

今後も攻勢の手を緩めそうにありません!

 

今後の格安スマホ市場をけん引するのは楽天モバイルさんなのか・・・

業界全体の活発化の為、他社さんの今後の動きにも期待をしましょう^^

 

*本日紹介した楽天さんのHPはこちら

楽天モバイル

*通話が半額になる無料アプリはこちら

楽天でんわ

 

 

フォローやブログ応援をお願いします^^ブログ運営の励みになります

follow us in feedly にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ スマホ・携帯情報へにほんブログ村 スマホ・携帯ブログ 格安SIMカード・MVNOへ

スポンサードリンク
   

ついでに読みたい!他の最新記事はこちらです