読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

格安スマホ SIMで節約生活^^

格安スマホと格安SIMの記事を書いています。大人気の『ZenFone』『HUAWEI』の記事や、MVNOの『Nifmo』さん『楽天モバイル』さん『DMMモバイル』さんなどの紹介記事を中心に、格安スマホへ乗り換える人や、検討、比較をする人に読んで頂ければ幸いです^^皆さんも格安スマホで節約生活しましょう!

【格安SIM】 DMMのデータSIMを買ってみた! 導入編

【初心者向け】おすすめMVNO 【キャリア】DMM.comさんから買う?

■DMMのデータSIMを買ってみました!

f:id:mihohime:20150225163834j:plain

*DMMmobileさんHPより引用 http://mvno.dmm.com/

 

格安スマホを導入するために、どうしてもデータSIMが必要になったので(詳細は後日)データSIMを買うことにしました。

 

選んだ業者さんは『DMMmobile』さん。

私も何回か紹介しているMVNO業者さんです^^

*過去の記事はこちら

DMM.comさんから買う? カテゴリーの記事一覧 - 格安スマホ SIMで節約生活^^

 

導入から購入まで本当に簡単に出来ました^^

ですが、まだ導入に不安が多い人も多いはず。

今回はそんな人の為に、私が実際に行った作業を報告していきます。

 

■なぜDMMさんを選んだのか?

DMMさんを選んだ理由は、価格が最も安く開始が出来る(私調べ)ことが最大の理由です。

また、低速時にある『低速ブースト』により、もしデータを使い切ってしまっても、ネットサーフィンくらいしか使用しない我が家ならこれで丁度良いと判断したからです。

 

タブレットなどをアクティブに持ち歩く人にも、この低速ブーストがかなり有効なのではないでしょうか。

*低速ブーストを説明している記事はこちら

携帯代を半額以下にする、おすすめMVNO業者 5社 (その1) DMMさん - 格安スマホ SIMで節約生活^^

 

■それでは導入の方法です

それでは導入の方法です。

まずはこちらのサイトにアクセスします。

f:id:mihohime:20150225172442j:plain

*DMMさんHPより引用 DMMmobile - DMM.com

こちらをクリックでジャンプします→DMM mobile

 

サイトリンクをクリックすると、上記のページにジャンプします。

ここでオレンジ色の枠にある『新規お申し込みはこちら』をクリックします。

 

するとこちらの画面になります。

f:id:mihohime:20150225172849j:plain

https://mvno.dmm.com/-/register/plan/

 

ここで自分に必要なコースを選んでいきます。

ちなみに私はこちら

f:id:mihohime:20150225173746j:plain

 https://mvno.dmm.com/-/register/plan/

・データ専用SIM

・基本データ通信量 1GB

・SIM単品 SIMカードタイプ ナノSIMサイズ

・SMSの利用 なし

・追加オプション なし

 

以上です。

この際に、基本データ量の使用量は使う頻度によって変えましょう。

ちなみにこのサイトで使用料の目安を教えてくれています。

f:id:mihohime:20150225174901j:plain

*hi-hoさんHPより引用 http://home.hi-ho.ne.jp/hihomobile/lte/inc/pop_traffic_inc.html

動画を多めに見る人は、1GBでは足りないかもしれませんね。

 

また、SIMカードのサイズは、『ナノサイズ』をおすすめします。

機種によってSIMカードのサイズが異なります。

ですので、使う機器のサイズに合わせて買うのがベストですが、もし使用する機器が変わり、そのSIMサイズが異なっていると、使えなくなってしまいます。

 

その危険を回避するためにこういったアダプターを使用します。

F.Wave 【Amazon限定】Lucky ゴールドカラー nano SIM変換アダプター4点セット Gold color(標準 マイクロ Nano) iPhone6/6plus/5S/5C/4S/4/3GS/3用 Gold 金色 f.wave of FuturePlus Original

新品価格
¥497から
(2015/2/25 17:54時点)

 

ナノSIMのサイズを変更出来るアダプターです。

ノーブランドでしたら、1円とかでも売っています。

これを使えば、ほぼ全ての機器に使えることになります。

ちなみにあくまでも使用は自己責任です。

使用したことによりメーカーの保証等なくなることもありますので、ご理解のうえご利用下さい。

 

SMSの使用やセキュリティーの使用なども、個人の使用目的に合わせて、ご使用下さい。

ちなみにこの時の値段はこちら

f:id:mihohime:20150225180306j:plain

https://mvno.dmm.com/-/register/plan/

 

初期費用に3,000円

毎月660円でデータ通信を開始出来るのはとても魅力的ですね^^

 

さて、この画面で値段をチェックしたら、『この内容で申し込む』をクリックです。

 

 ■次は個人情報の記入です

クリック先はこの画面になります。

f:id:mihohime:20150225180735j:plain

https://mvno.dmm.com/-/register/input/

 

ここで再度プラン等を確認します。

間違っていなかったら、下記の個人データを記入します。

f:id:mihohime:20150225180852j:plain

https://mvno.dmm.com/-/register/input/

 

上記を記入後、問題が無ければ『申し込み内容を確認する』をクリックです。

あ!しっかり規約は読んで、『利用規約』に同意してくださいね^^

f:id:mihohime:20150225181126j:plain

https://mvno.dmm.com/-/register/input/

 

■するとこんなメールが登録アドレスにきます

f:id:mihohime:20150225181527j:plain

このメール内にある、お申し込み認証アドレスをクリックします。

次はクレジットカードの登録になります。

f:id:mihohime:20150225185619j:plain

クレジットカードの登録をしたことがあるひとは簡単ですね^^

また、したことが無い人に簡単に説明します。

カード番号

数字は全て半角数字で打ち込みます。

この番号はカードの表側にある、15桁の長い数字です。

スペースやハイフンなどはいれずに、左詰で数字を打ちます。

カード明細

こちらは半角大文字で打ち込みます。

カードの表側のカード番号の下にある、大文字ローマ字にを打ち込みます。

多くの方は『名前 苗字』の順で書いているはずです。

これを例えば木村拓哉なら、

『TAKUYA KIMURA』

と打ち込みます。

半角英字で大文字で打ち込み、名前と苗字の間にはスペースを一つ入れます。

カード有効期限

これはカードの表に『有効期限』と書いてある数字を打ちます。

カードの表記は『05/18』のように書いてあります。

この数字は年月を表しており『05』が月、『18』が年です。

年は西暦の下二桁です。

セキュリティーコード

この数字だけは裏面に書いてあります。

裏面を見ると画像のように、数字が記入されています。

この数字の末尾3桁になります。

例えば、『1234567890』と書いてあれば、末尾の『890』がセキュリティーコードです。

この数字を半角英数で打ち込みます。

 

カードの登録は以上です。

この後再度確認の画面が出ますので、確認して間違いが無ければ登録してください。

登録はこれで以上です^^

お疲れ様でした。

 

■到着までは5日くらい掛かるようです

f:id:mihohime:20150225193249j:plain

DMMさんHPより引用 https://mvno.dmm.com/mypage/

 

DMMさんのマイページにて自分の契約状態を確認出来ます。

私は今日契約したばかりなので、この画面になりました^^;

データSIMは5日程度届くまで掛かるようです。

 

今回は以上です。

 

次回はSIMが届いたら『接続編』を書いてみます^^

 

*今回紹介したDMMさんのサイトはこちらです。

 DMM mobileデビュー!基本料金¥0キャンペーン実施中!

おすすめの業者ですので、ご確認下さい。

 

合わせて読みたい記事