読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

格安スマホ SIMで節約生活^^

格安スマホと格安SIMの記事を書いています。大人気の『ZenFone』『HUAWEI』の記事や、MVNOの『Nifmo』さん『楽天モバイル』さん『DMMモバイル』さんなどの紹介記事を中心に、格安スマホへ乗り換える人や、検討、比較をする人に読んで頂ければ幸いです^^皆さんも格安スマホで節約生活しましょう!

DMMさんからデータSIMが届いたから、設定してみる『SIM挿入編』

■やっと届いたよ^^;

f:id:mihohime:20150305231210j:plain

*DMMさんから引用 http://mvno.dmm.com/?_ga=1.121379659.2113021778.1404648019

 

前回届かない届かない・・・って言っていた、DMMさんのデータSIMですが、ようやく届きました^^

 

*前回の記事はこちら

 

それがこちらになります^^

f:id:mihohime:20150305230508j:plain

簡単な包装で送られてきました^^;

中にプチプチが付いている、封筒ですね。

で肝心な中身はこちら。

 

f:id:mihohime:20150305230644j:plain

 

こちらも簡単なセットですね^^;

まあ、こんなものなんでしょうから気にせずに・・・

では開封の儀ですね(笑)

 

f:id:mihohime:20150305230811j:plain

f:id:mihohime:20150305230824j:plain

 

内容物は、こちらのSIMと接続のための説明書です。

やっぱりドコモのSIMなんですね~。

理解はしていましたが、DMMさんに頼んだのにドコモのSIMってなんだか違和感がありますね(笑)

 

まあ、考えることも無いので、早速『SIMカードの挿入』に移りましょう^^

 

■挿入は本当に簡単^^

挿入は本当に簡単でした。

時間で言うと、五分足らずです。

 

まずは、SIMカードをセットすることから始めます。

ここで使う機種は『ZenFone5』を使い説明します。

あ、そういえば『ZenFone5』買いました(笑)

機種については後日説明します。

 

まずはSIMスロットを出す

実はこの作業が出来れば、ほぼ設定は終わったようなものです。

それほど、初心者の私には難しく思える作業でした・・・

 

まずはこの赤いカバーを外します。

これが意外に難しいと言うか、壊れそうで怖い^^;

と言うことで『クマさん』の作業になります。

コツはこのボタン付近の所で、自分の爪をぐいっと赤と黒の間に入れること。

すると結構簡単に隙間が開きます。

f:id:mihohime:20150305231901j:plain

f:id:mihohime:20150305231924j:plain

 

そしたらすかさず、SIMが付いていたドコモのカードを差し込みます。

爪が痛んでも良い人は爪のままでもOKです。

その状態でスマホの回りをぐるっと一周回します。

するとパチンパチンと簡単に開いていきます。

 

その結果がこちら。

f:id:mihohime:20150305231950j:plain

こういった状態になります。 

たまたま当日に爪を切ってしまった人や、元から深爪の人などは、爪楊枝などでも簡単だそうです。

ちなみに私は、爪が汚れることが怖くてやれませんでした(大笑)

 

次にSIMカードを入れる

 

つぎは肝心の『SIMカード』の挿入に入ります。

ちなみに私は、他の機体と共有するために『nanoSIM』を使います。

でも『ZenFone5』のSIMスロットは『マイクロSIM』なのでそのままでは入りません。

ですので、非公認ではありますが、サイズ交換が出来るアダプターを使用しました。

ちなみにこちらです。

JAPAEMO 【Amazon限定】SIM変換アダプター 4点セット (標準, マイクロ, nano) for iPhone5S/5C/5/4S/4/3GS/3用 ブラック A-JE-NANO-SET-BK

新品価格
¥699から
(2015/3/5 23:36時点)

 

他にもノーブランド等であれば、1円でも買うことが出来るようです。

ちなみに非公認ってことは、保証対象外にもなりますので、ご使用は計画的に。

普通に使う方は自分の使う機種にあった、SIMを買えば問題はありません。

 

さて、そのアダプターを設置したのがこちら。

f:id:mihohime:20150305232137j:plain

 この状態で本体に挿入します。

 

難しいことはありません。

金属面を下に向けて、書き込みがあるほうから差し込む。そう覚えておいてください。

 

f:id:mihohime:20150305233908j:plain

 

これで、SIMカードのセットは終わりです。

 

ここまで来たら、ケースと本体をまた元戻してください。

 

以上で、SIMカードの挿入は終了です。

ここでの作業のコツは・・・

 

『怖がらないこと!』

 

私も一度やってみましたが、知ってからやると本当に簡単です^^

思い切ってぐっと入れるだけの簡単な作業です。

 

さて、次は『設定編』に移ります。

長くなったので、次回の記事にします。

 

合わせて読みたい記事

 

 

よろしければFBツイッターでシェアをお願いします。制作の励みになります。