読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

格安スマホ SIMで節約生活^^

格安スマホと格安SIMの記事を書いています。大人気の『ZenFone』『HUAWEI』の記事や、MVNOの『Nifmo』さん『楽天モバイル』さん『DMMモバイル』さんなどの紹介記事を中心に、格安スマホへ乗り換える人や、検討、比較をする人に読んで頂ければ幸いです^^皆さんも格安スマホで節約生活しましょう!

【格安スマホ】 イオンモバイル ソニーさんの『Xperia J1 Compact』で格安スマホ始めてみる?

4/28追記

新しい関連記事を書きました。

こちらもご覧下さい

 

■イオンモバイルさん、第7弾モデル!

f:id:mihohime:20150322115829j:plain

http://www.sonymobile.co.jp/xperia/sp/j1c/より引用

 

先日発表された、イオンモバイルの第7弾モデル。

と言うようは、ソニーの大人気スマホシリーズの『Xperia』の格安スマホモデルが出てきたと言ったほうが、インパクトが強いでしょうか?

 

現在、アイフォンの次に日本で売れている、『Xperia』シリーズの発売は、格安スマホ業界に更なる風を吹かせてくれるのか?

 

はたまた、他の既存勢力が飲み込んでしまうのか・・・

 

今回はそんなところを意識して書いて行きたいと思います^^

■まずは機種の紹介

f:id:mihohime:20150320194358j:plain

http://www.aeon.info/news/2015_1/pdf/150319R_1.pdfより引用

先日も紹介しましたが『Xperia A2』がベースで、改良が加えられている機体になります。

Xperia A2は去年の春モデル。

さらにA2はZ1のマイナーチェンジなので、実際には1年と3,4ヶ月前の機体と言うことになります。

やはり、古さを感じるかもしれませんが、元の性能が高性能だった為、性能自体で遅れをとるようなことはありません。

f:id:mihohime:20150320200201j:plainhttp://www.aeon.info/news/2015_1/pdf/150319R_1.pdfより引用

 

こちらは今回発表された2015年春夏モデルの仕様表になります。

こう並べても、遜色無いことが分かって頂けるかと(CPUなどがない分、分かりづらいですかね・・・)

f:id:mihohime:20150322131730j:plain

f:id:mihohime:20150322131630j:plain

http://www.sonymobile.co.jp/xperia/sp/j1c/spec/spec.htmlより引用

 

と言うことで、仕様表の紹介です。

やはり十分な性能だと言うことが分かります^^

 

それよりも、特徴的なのはやはり『おさいふケータイ』などの便利機能ですね。

カメラの2070万画素や防水機能など、キャリアのスマホでは標準だった機能が使えるのはとても便利なことだと思います^^

 

今までの格安スマホはこういった機能がない分、使いづらいところがありましたが、これでキャリアのスマホとの差が一層と無くなりました。

■気になる価格などは

f:id:mihohime:20150320195301j:plainhttp://www.aeon.info/news/2015_1/pdf/150319R_1.pdfより引用

 

発売日は4/20~、予約は3/27~になっています。

*こちらのサイトで先行予約を受け付けるようです

http://store.sony.jp/Special/Smartphone/Xperiasmartphone/J1/

しかし、多少残念な結果になっていますね^^;

この値段は格安スマホ、最高額になっているのでしょうか?

この価格では、もう格安スマホとは言えないですね(笑)

先日も言いましたが、イオンモバイルの格安スマホとは言わずに、

『XperiaのSIMフリー機』と言うのが正しいようです

 

この価格も高いと思うか、新品の『Xperia』が5万円で買えるのは激安だと思うのか?

この判断はあなたにお任せしようと思います。

 

また、SIMカードはso-netさんのSIMになります。

多くのMVNOが使用制限を1ヶ月~GBとしているのですが、このso-netさんは1日に~MBまでと高速通信の制限をしています。

1日に多く使うことが出来ないことは、かなりストレスになるのでは?と思います。

(これは先日も言いましたね^^;)

■このXperiaは新しい風を吹かせてくれるのか?

答えは『YES』です!

今まで3キャリアで独占だったこの市場は、3キャリアの顔色を伺いながらの展開が必要でした。

特に3キャリアにスマホを卸している、日本のメーカーはかなり気を使っていたはずです。(どことは言いませんが・・・)

 

今回の『Xperia』はそういった独占状態の市場に、まだまだ小さいですが穴を開けてくれました。

日本のメーカーは今後、これを指標として、少しづつでしょうが、市場を広げていくでしょう。

ソニーさんは国内で一番売れているスマホメーカーです。

こういった一番のメーカーが動いたことがとても重要だと私は思います。

 

■これで、2015年の上半期の期待モデルが揃いました

先日発表した『ZenFone2』、今週から発売される『VAIO Phone』、そして 今回の『Xperia J1』と、今期の期待モデルが出揃いました。

 

まずは『VAIO』が発売され、4月には『Xperia』、5月には『ZenFone2』と、格安スマホ指標となる期待が販売されていきます。

 

個人的にも、気になる機体が出揃い楽しみが増えました^^

さて、これからの『格安スマホ』界は本当に楽しくなりそうですね。

 

 合わせて読みたい記事


 

スポンサードリンク

よろしければFBツイッターでシェアをお願いします。制作の励みになります。follow us in feedly にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ スマホ・携帯情報へにほんブログ村