読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

格安スマホ SIMで節約生活^^

格安スマホと格安SIMの記事を書いています。大人気の『ZenFone』『HUAWEI』の記事や、MVNOの『Nifmo』さん『楽天モバイル』さん『DMMモバイル』さんなどの紹介記事を中心に、格安スマホへ乗り換える人や、検討、比較をする人に読んで頂ければ幸いです^^皆さんも格安スマホで節約生活しましょう!

5.5インチ以上の格安スマホを比較してみた。全7種の調べて見て分かったこと。個人的ランキングもしてみた^^

■5.5インチ以上の格安スマホって意外に少ない?

f:id:mihohime:20150729202729j:plain

 

動画を見るのに大画面で何か問題ある?

 

*************************

 

最近、車移動が多くなり、動画や音楽をスマホで聴く時間が増えてきました。

今使っている『ZenFone 5』でも十分なのですが、ちょっと欲が出てきた今日この頃^^;

 

出来れば大きなサイズが良いなーって思い、ちょっと調べてみました。

5.5インチ以上を大きいとして判断し、選んだのは6種類。

意外と種類が少ないのにちょっと驚きました^^;

 

さて、今回はそんな『5.5インチ以上』の格安スマホをご紹介致します。

 

1.AQUOS CRYSTAL Y

f:id:mihohime:20150729202827j:plain

 

先日も紹介した、Y!mobileさんの最新機種『AQUOS CRYSTALY』です。

こちらはソフトバンクさんも同一機種を取り扱っている、いわいる『キャリアスマホ』

となると性能や機能は、かなりの物になります。

 

実際に、5.5インチFHD(1920x1080)の解像度の画面はかなり綺麗で、その画面の大きさと相まってちょっとした感動すら覚えました^^

 

また、フレームレスとも言えるこの画面は、デザイン全体を通してかなりスマートに仕上がっており、さすがのシャープさんと言った形です。

 

また、Y!mobileさんから買うと、2年縛りがありますが、実質0円で運用でき、Y!mobileさんの基本使用料、2,980円(抜)で運用が出来ます。

 

さらに、Y!mobileさんでは基本仕様で10分間x300回/月の無料通話付きです!

さらにさらに!ワンセグやおサイフケイタイも付いています!

 

個人的にはもうこれでもいいかも・・・なんて思えてしまうほど、完成度が高い仕上がりになっています。

 

主なスペック表

画面サイズ: 5.5型, Full HD 1920x1080

CPU: Quad Core 2.3GHz

メモリ: 2GB

データ容量:16GB

バッテリー: 2610mAh

カメラ機能: 前面 120 万画素 背面 1310万画素

 

Y!mobileさんのHPはこちらから

Y!mobileさんはこちらから

■ZenFone 2

f:id:mihohime:20150728210122j:plain

現在でも大人気の『ZenFone 2』

発売当時には、新聞にも取り上げられた怪物スマホです。

 

そんなZenFone 2も画面サイズが5.5インチ。

発売当時はかなり大きく感じましたが、今は慣れたのか、さほど大きくは見えません。

それでも5.5インチでFHD(1920x1080)解像度の画面は綺麗の一言^^

 

またZenFone 5での弱点でもあった、『バッテリーの不足』は完璧とまでは行きませんでいたが、しっかりと解消されています^^

 

性能と価格のバランスで言ったら、現在もトップ争いに食い込んでいます。

誰にでもおススメが出来ると言うか、とりあえずこれをおススメしとけば問題が無い。

それくらい安定した製品です。

 

メモリーやCPUが違うモデルがあり、価格も異なってきます。

スペックが低いモデルでも十分な性能な為、2GBのモデルでも十分です^^

 

主なスペック表

画面サイズ: 5.5型, Full HD 1920x1080

CPU:  Quad Core 1.8Ghz/2.3Ghz

メモリ: 2GB/4GB

データ容量:32GB/64GB/128GB

バッテリー: 3000 mAh

カメラ機能: 前面 500 万画素 背面 1300 万画素

  

3.Nexus 6

f:id:mihohime:20150728211540j:plain

 

Y!mobileさんで買える超高性能モデル『Nexus 6』

年始では化け物だった性能も大分落ち着いてきましたが、それでもトップを走り続けている性能はさすがです^^

 

5.96インチという、約6インチの画面の解像度はなんと『2560 x 1440』

かなりの高画質でが楽しめます。

 

しかし、その高性能差があだとなったか、バッテリーの持ちがあまりよろしくありません。

普段使いなら十分ですが、ヘビーに使うと最悪1日持たない、との報告を受けています。

この機体を使うなら、モバイルバッテリーは必須でしょう^^;

 

また、その高性能の影響で値段もお高く、約7.5万円。

Y!mobileさんでも買え、2年縛りはつきますが、4.5万円程度までには値が下げられます。

個人的には、Y!mobileさんで買うことをおススメします^^

 

主なスペック表

画面サイズ: 5.96型, QHD 2560x1440

CPU: Quad Core 2.7Ghz

メモリ: 3GB

データ容量:32GB/64GB

バッテリー: 3220 mAh

カメラ機能: 前面 200 万画素 背面 1300 万画素

 

4.honor6 Plus

f:id:mihohime:20150729063313j:plain

 

こちらは日本では、HUAWEIさんのショップもしくは、楽天モバイルさんから購入出来る『honor6 Plus』

ちなみに『honor』は『オナー』って読みます。hを抜いて読むところがフランス語っぽくてかっこいい^^

 

このスマホはカメラに特化したモデルです。

背面には2つのレンズを用意し、写真を撮った後にピンボケや画面奥に焦点を合わせて手前はぼやかすなど、かなり面白い写真が取れます。

*カメラが2つある参考写真

f:id:mihohime:20150729063932j:plain

 

また、このサイズでバッテリーが3600mAhもあることから、かなりの長時間動画などを楽しめます。

 

・・・っとかなり魅力的なスマホなのですが、唯一の弱点が、『対応Band』が少ないこと^^;

Band1,3,7だけの対応なので、ドコモ以外だと、Band1のみの対応・・・

ドコモでもBand1,3のみで、プラチナバンドには未対応です・・・

 

ですので、関東などの都市部以外の方は、一度お住まいの地域の対応Bandを調べてから買うことをおススメします^^;

 

主なスペック表

画面サイズ: 5, 5FHD (1920x1080)

CPU: オクタコア 1.8/1.7Ghz

メモリ: 3GB

データ容量:32GB

バッテリー: 3600 mAh

カメラ機能: 前面 800 万画素 背面 800 万画素

 

5.Ascend Mate7

 f:id:mihohime:20150729065528j:plain

 

今年の年始~春に掛けて、絶対王者であった『ZenFone 5』と双璧をなした格安スマホの『Ascend Mate7』

発売から半年以上たった今も、まだまだ人気機種です^^

 

私も実物をなんども触ってきましたが、6インチ大画面にFHD(1920x1080)の画面は圧倒的です!

これあったら小型のタブレットは要らないって言ってもいいくらいです。

 

また、取扱店の店員さんが『充電しなくても3日は持つ』とまで言わせた、そのバッテリーはなんと『4100mAh』

ここまで来ると、通話が出来るタブレットと言っても過言ではありませんね^^

 

この夏に後継機の発売が決まっているのですが、それでも売れている実力派スマホです。

 

主なスペック表

画面サイズ: 6型, (FHD 1920x1080)

CPU: オクタコア 1.8/1.3GHz

メモリ: 2GB

データ容量:16GB

バッテリー: 4100mAh

カメラ機能: 前面 500 万画素 背面 1300 万画素

 

6.HUAWEI P8 max

f:id:mihohime:20150729070349j:plain

 

この夏に発売が予定されている、HUAWEI社のフラグシップになる予定のモデルです。

すでにメーカーHPなどで紹介されているので、その内容を知ることが出来ます。

 

性能や機能は、先ほど紹介した『Ascend Mate7』をそのまま進化させた形。

Mate7のいい所は生かしつつ、さらにパワーアップさせた魅力的な機体に仕上がっています^^

 

発売前なので、あまり言及出来ませんが、先代のMate7が今でも人気があることから、その期待の高さは否応無しです。

特に6.8インチの画面はもうタブレットと言っても過言ではないですね^^;

 

この夏発売となったいたので、そろそろ公表がありそうです。

目が離せない1台になりそうです^^

 

主なスペック表

画面サイズ: 6.8型, (FHD 1920x1080)

CPU: オクタコア 2.2GHz/1.5GHz

メモリ: 3GB

データ容量:32GB

バッテリー: 4360mAh

カメラ機能: 前面 500 万画素 背面 1300 万画素

 

 

7.SAMURAI KIWAMI

f:id:mihohime:20150729071020j:plain

 

こちらはfreetelさんから、この秋発売予定の『SAMURAI KIWAMI』です。

まだまだ情報が出ていないので、確かなことは言えませんが、かなり期待度が高い1台になりそうです^^

 

まだ詳細な情報がありませんが、分かっていることは、オクタコアCPU、画面が6インチであることくらいです。

 

この下位モデルの『SAMURAI MIYABI』がZenFone 5位の性能で19,800円と言う値段設定ですので、このモデルも相当期待が持てます。

 

個人的には39,800円とかだったら即買いです^^

 

■上記7種のスペックをまとめてみると・・・

上記のスペックをエクセルの表にしてみました。

f:id:mihohime:20150729212302j:plain

そのままだと見づらいと思いますので、クリックして拡大してください^^;

 

また、一番の下の欄には価格をいれてあります。

この価格は2015.07.29のもので、なるべく定価で買った際の金額を示しています。

Y!mobileから買う2種だけは、機種のみの購入が出来ない為、MNPをして購入する際の価格になっています。

 

こう見ると、この5.5インチ以上のクラスは、性能も中々の充振り^^

どれを買っても満足は出来そうです。

 

■でも・・・・個人的ランキングをしてみると・・・・

 

1位:AQOUS CRYSTAL Y

f:id:mihohime:20150729212735j:plain

 

1位は、他に結構な差をあけての1位になりました。

 

性能では、他のスマホと変わりはありませんでしたが、ワンセグやおサイフケイタイなど魅力的な機能。

また、MVPに限りますが、9,800円で買える(24回払いなら実質0円)という低価格も後押ししてくれました。

 

また、Y!mobileさんの通話プラン(300回無料)やシャープさんのデザインや国産であることなど、かなり死角が無いのが目立ちました^^

 

この機体なら誰にでも紹介しても良いと思える一品です!

 

2位:ZenFone 2

f:id:mihohime:20150728210122j:plain

 

2位は妥当なところで『ZenFone 2』

個人的には2GBのモデルをおススメします^^

 

特に初心者さんやライトユーザーの方には、2GBのモデルで十分に、ZenFoneを楽しむことが出来ます。

 

MVNOから買うことをおススメしたいですが、現在在庫が少ない状態のため、どこか安価で買えるところがあったら、そこで買うのが一番かと思います^^

 

3位:Ascend Mate7

f:id:mihohime:20150729065528j:plain

 

3位は、去年の年末からのモデル『Ascend Mate7』です。

この後継機の『HUAWEI P8 max』も良いのですが、やはり発売前だし、また価格が多分Mate7よりも上がることが予想されることから、このMate7を3位にしました^^

 

今でも十分な性能だし、価格もこなれてきたので、おススメしやすい機体です。

個人的には、後継機が出た後、もしくは出る前に必ず起こる『在庫一層セール』で上手に買えれば最高の1品になると思います^^

 

以上です。

 

■今回のまとめ

今回は5.5インチ以上の機種に絞って紹介しました^^

これから、夏休みやお盆帰省などで、大きなスマホが活躍する時が増えると思います。

そんな際に、この記事が参考になればと思います。

 

合わせて読みたい記事

 

フォローや応援をお願いします^^ブログ運営の励みになります

follow us in feedly にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ スマホ・携帯情報へにほんブログ村 スマホ・携帯ブログ 格安SIMカード・MVNOへ

スポンサードリンク