読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

格安スマホ SIMで節約生活^^

格安スマホと格安SIMの記事を書いています。大人気の『ZenFone』『HUAWEI』の記事や、MVNOの『Nifmo』さん『楽天モバイル』さん『DMMモバイル』さんなどの紹介記事を中心に、格安スマホへ乗り換える人や、検討、比較をする人に読んで頂ければ幸いです^^皆さんも格安スマホで節約生活しましょう!

【お勧めSIM】 DMM mobileさんのSIMカードをお勧めします^^

【初心者向け】おすすめMVNO 【キャリア】DMM.comさんから買う?

■バースト機能は伊達じゃない!!

f:id:mihohime:20150503211602j:plain

 

DMMさんHPより引用

 

これまでは格安スマホの機体ばかりを紹介してきました。

まだ始まったばかりなので、機体とSIMをセットで買って頂きたいと思っていたからです。

しかし、最近ではスマホを手にいれてはみたが、どのSIMにしようか迷ってこのサイトに来る人も多いようです。

 

そこで今回から数回に渡り、私がおすすめする、『SIMカード』の紹介をしていきたいと思います。

 

第一回目は『DMM mobile』さんになります^^

 

■DMMさんの特徴って?

DMMさんが自分達で上げている特長はこちら。

f:id:mihohime:20150504061717j:plain

格安SIMを選ぶなら、断然DMM mobileがおトク!より引用

 

■この中で最も魅力的なのが『バースト機能』

f:id:mihohime:20150504062012j:plain

格安SIMを選ぶなら、断然DMM mobileがおトク!より引用

 

この様に低速時に、最初の数秒だけ高速通信を利用出来るため、webの閲覧などがストレス無く行えると言う機能です。

 

これは本当に便利な機能で、私も実際にDMMさんのSIMを使っていますが、先月ちょっと使いすぎて、超過してしまったのですね。

しかし、この機能のお陰でやツイッター、メールの確認などは、ほぼいつも通り出きました^^

 

web閲覧の動作としては、この説明の画像にあるように、最初にぐってサイトが展開して、後はゆっくり徐々に開いていく感じ。

なので、画像が多いサイトなどは完全に開ききらないので、正直効果は感じられませんでした。

検索サイトの『Yahoo』などのPC版サイトですらそんな感じになります。

本当に軽いサイトのみ、いつもと変わらないって感じですね。

 

なので動画の再生や、重たいデータの取り扱いは、ほぼ無理です。

2MBの写真をDLするのに、2分とか掛かった日にはストレスしか残りません・・・

 

あると無いとではまったく違うので、普段軽い物しかスマホでは見ない私に取っては、とてもありがたい機能ではあります。

と言う感じのレビューでした^^;

 

■豊富なスマホラインアップ

MVNO業者さんは、スマホを同時販売しているところが多いです。

しかし、1~3機種程度の取り扱いのみで、ほぼ選べないようになっています。

 

しかし、このDMMさんはの取り扱い数は・・・

なんと6種類!タブレットも2種類選べますので、実際には8種類から選べることが出来ます^^

そのラインアップがこちら

f:id:mihohime:20150504064033j:plain

格安SIMを選ぶなら、断然DMM mobileがおトク!より引用

 

今話題の『ZenFone 2』や6インチ高性能スマホ『Ascend Mate7』、その他のラインアップも、価格と性能のバランスが良い物ばかりです^^

どれも分割払いでも買えるので、まとまった出費が嫌な方には最適ですね。

 

■艦これファンには朗報?!

f:id:mihohime:20150504064540j:plain

格安SIMを選ぶなら、断然DMM mobileがおトク!より引用

 

DMMさんは、オンラインゲームなどのコンテンツを大量に持っており、中でも『艦これ』はゲームとして社会現象を起こしたほどの作品。

 

これらに使える『DMMポイント』を毎月使用料の10%分貰えるサービスがあります。

例えば月の使用料が3000円だったら、300ポイント分が使用できます

 

こういったゲームは無課金派って人も、これならちょっと使いやすいですね。

また、動画や電子書籍も数多くあります。

気になっていた映画や、マンガなどを購入してもいいですね^^

ちなみに私は、先月分のポイントで『弱虫ペダル』買っちゃいました(笑)

 

*注意点*

この貰えるポイントの使用期限が1ヶ月になっています。

なので、毎月のポイントを貯めて大きな物を買う・・・

その様な利用は出来ません^^;

 

■使いやすいアプリがあります。

f:id:mihohime:20150504065432j:plain

格安SIMを選ぶなら、断然DMM mobileがおトク!より引用

 

先ほど言っていた、『バースト機能』を上手に使うため、またデータの使用料を上手に管理するために便利な公式アプリがあります^^

 

このアプリでいつでも簡単に使用料のチェックが出来、また足りなくなったらすぐにチャージが出来ます。

チャージ後は数秒で高速データが使えるようになるので、どうしても高速にしないといけないときに、とても便利です^^

 

また、普段は高速の通信ではなくて良い方は、このアプリで『高速データ通信』をOFFにしておくことが出来ます。

この機能があれば・・・

スマホの本体更新など自動で更新する設定をしていると、出先でガンガン更新され、ほとんど使っていないのに、データ使用料がほとんどなくなった・・・

そんなことが起こらないようにすることが出来ます^^

 

やり方は簡単。

普段高速通信をOFFにしておき、またスマホの設定も、本体やアプリの更新をwi-fi接続時のみにする、更新時には承認を得てから更新などの設定をしておけばOKです。

 

このように現在の使用料が分からないMVNOも多いので、アプリで簡単に見られることはとても便利です^^

 

■価格表

次は気になる、価格表の紹介です。

f:id:mihohime:20150503212102j:plain

http://mvno.dmm.com/fee/index.htmlより引用

 

DMMさんの価格表は他のMVNOよりも種類が多くあります。

1GB~10GBまでで、7種類の高速通信容量から選べます。

最安の660円は業界最安値・・・だったと思います。

 

f:id:mihohime:20150503212518j:plain

http://mvno.dmm.com/fee/index.htmlより引用

また、DMMさんにはデータ容量を、複数のSIMでの運用が出来ます。

最大3枚のSIMで出来ますので、家族で分け合って使う、恋人と分け合って使う・・・

そんな使い方も出来ます。

 

オプション

f:id:mihohime:20150503213019j:plain

 http://mvno.dmm.com/fee/index.htmlより引用

 

LINEの登録などに、SMSを使用しますが、データ専用SIMの場合、そのままではSMSが使えないので、毎月150円を払いSMSを使えるようにする必要があります。

 

その他にも、スマホの保証やセキュリティーなどを毎月の費用を払い、導入することが出来ます。

 

音声通話のプランを選べば、SMSは付いてきますが、データ専用の場合は無いので、SMSは何だかんだ言って便利なので、オプション設定をおすすめします^^

 

追加チャージ費用と各手数料

f:id:mihohime:20150503213539j:plain

 

高速データ通信の容量が無くなった場合の追加チャージは、多少お高くなっているでしょうか?

5月末まではキャンペーンである程度の安価ですが、キャンペーンが切れた6月からは、データの使う量を考えて使うべきですね^^;

 

また、事務手数料や、MNP転出費用は一般的な費用です。

 

■意外に問題になる、『最低利用期間 』

ここはDMMさんにもっと頑張ってもらいたいポイントです。

f:id:mihohime:20150504071112j:plain

http://mvno.dmm.com/fee/index.htmlより引用

 

キャリアスマホから格安スマホに移行してくる方に、『2年縛りが嫌だ』って人が多くいます。

格安スマホはこういった縛りがゆるく、半年程度であったり、期限が無いって所もあります。

 

しかし、DMMさんは期限が長めの『1年間』

またその期間の解除手数料が9000円

と、かなりきつく縛っています・・;

 

まあ、すぐに他のキャリアに移行しないって人が多いので、大きな問題として扱われませんが、やはり他が緩いので同じようにしてもらいたいところですね^^;

 

格安スマホはどうしても使用経験が浅いため、誰もがその通信品質に不安を抱えています。

そんな中、1年間も縛りがあるとすると、どうしても手が出ないって人も多くなりますよね^^;

 

そんな人の為にも、改善してくれると嬉しいです。

 

■気になる通信速度は?

現在の通信速度はこちら(5/4 11:00頃)

高速通信時

f:id:mihohime:20150504072447j:plain

低速通信時

f:id:mihohime:20150310211440j:plain

ADSL・モバイルデータ通信などの回線・通信速度 測定結果 | USENのスピードテストのHPを利用

 

測定方法

ASUS『ZenFone 5』にSIMを挿入し、テザリングを使いPCにwi-fi接続。

そして、USENさんの速度チェックにて測定。

 

速度はこの程度の速度が出ます。

実際にスマホで使う場合は、テザリングなどでロスがありますから、もう少し早いと思います。

 

ただ、この速度は調子が良い時^^;

平日の昼間、特に12時付近では高速にしても、1Mb以下になることがあります。

動画を見るのに、支障が出るレベルです。

 

皆が使いたい時間は回線が混みあい、どうしても速度が遅くなります。

この辺りは、ドコモなどのキャリアに大きく軍配があがります。

 

友人がドコモで同じ時間に速度チェックをした時、私が800Kb程度だったのに、友人は2Mb程度出ていました。

 

現時点では、一気に加入者が増えて、回線の増強に間に合っていない感もありますが、他のMVNOに比べたらかなり安定しているほうです。

 

■他のサイトさんでも好評化を得ていますが・・・

ちょっと検索をすると、SIMカードの比較をしているサイトさんを良く見かけます。

例えばこちらが上手にまとめられていました^^

yesmvno.com出展

 

こちらのサイトでは、DMMさんが一番の評価を得ています。

この辺りは、個人差や地域差もあるので、上位に入っていれば、順位は関係無いと思います。

 

他のサイトでも色々比較をしているので、気になる方はチェックしてみてはいかがでしょうか?

ちなみに私も多少ですがやっています(笑)

sumahosetuyaku.hatenablog.com

 

こちらの結果では、DMMさんが最も残念な結果になっています。

このように速度チェックはどうしても、時間や場所などで大きく変わるので、目安程度での使用をおすすめします^^;

 

■最も割安なのは、『3GBor5GB』プラン

再度価格表をチェックします。

f:id:mihohime:20150503212102j:plain

http://mvno.dmm.com/fee/index.htmlより引用

 

この価格表から、もっとも割安なのは『3GBor5GB』のプランであることが分かります。

7GB以上のプランは、値段の設定がいきなり高くなるので、なんだか割高感が高いです。

 

まずは、3か5GBで始めてみて、どうしても足りないような人だけが7GB~に移行する等がいいでしょう。

また、家や無料スポットでのwi-fiを上手に活用するなど、格安SIMをより上手に使う方法にシフトをしていくのも必要でしょうね^^

 

■今回は以上です。

かなり使い勝手と価格のバランスが良い、DMMさんのSIM。

多くの人におすすめのSIMですので、導入してみてはいかがですか?

 

今回のDMMさんのサイトはこちら。

DMM mobileデビュー!今だけお得なキャンペーン実施中!

 

合わせて読みたい記事

 

よろしければFBツイッターでシェアをお願いします。制作の励みになります。follow us in feedly にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ スマホ・携帯情報へにほんブログ村

スポンサードリンク