読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

格安スマホ SIMで節約生活^^

格安スマホと格安SIMの記事を書いています。大人気の『ZenFone』『HUAWEI』の記事や、MVNOの『Nifmo』さん『楽天モバイル』さん『DMMモバイル』さんなどの紹介記事を中心に、格安スマホへ乗り換える人や、検討、比較をする人に読んで頂ければ幸いです^^皆さんも格安スマホで節約生活しましょう!

【NuAns Neo】お洒落なWindowsスマホが予約開始!U-mobileでも販売決定!これは欲しいかも・・・

【キャリア】U-mobileさんから買う? NuAns Neo  トリニティ

■スペックをデザインが超える時代がやってきました^^

f:id:mihohime:20151201063717j:plain

[NuAns] ニュアンス | NEO | 生活の中心に、NuAnsを。今までにない新しいデバイス、NEO。

 

以前も紹介した、Windows10のスマホの中でも、ひときわ異色を放つ存在であった『NuAns Neo』がついに発売になりました^^

以前の記事はこちら

個人的に好印象だったのが、木製カバー。

今まで、放熱性を考えると、断熱性が高い木製は避けられてきましたが、その辺りはクリアー出来たのでしょう。

 

とにかく、お洒落って言葉が似合う新しいWindowsスマホ。

今回はこちらの『NuAns Neo』を紹介していきます。

 

■この機体でスペックの話は邪険です^^;

この機体の特徴はそのデザイン。

スペックの話をするのは、ちょっと興ざめしてしまします^^;

ですが、このブログの読者さんは気になりますよね?

と言うことで、スペックを紹介します。

 

スペック

サイズ :約 141 × 74.2 × 11.3mm

画面サイズ :5.0インチ

解像度: 1280×720 (HD)

重さ: 約 150g

OS: Windows 10 Mobile

CPU :Snapdragon 617(MSM8952)8 × A53 / 1.5GHz オクタコア

メモリ :2GB

ROM :16GB

カメラ: アウト1300万画素 イン500万画素

バッテリー :3350mAh

価格 :3万9800円

対応バンド:2G(Quad band)

3G(Band 1/6/8/9/19 42Mbps/5.76Mbps)

4G LTE(Band 1/3/8/19/28 Cat.4、最大150Mbps)

 

主なスペックはこちらです。

今のミドルスペックの機体と言って良いでしょう。

これなら、余程のことをしない限りスペック不足に悩むことはありません。

ちなみに3GはU-mobileが販売を決定していることから、W-CDMAでau系のSIMは使えないと思われます。

 

この中で特筆するのは、バッテリーの容量。

なんとこのサイズのスマホでは大容量の3350mAh。

この恩恵はとても凄いことになりそうです。

 

■案の上、凄いことになります^^;

f:id:mihohime:20151201065401j:plain

http://neo.nuans.jp/

 

バッテリーが大容量の為、凄い持ちが実現しています。

その待ち受け時間400時間(16日)って・・・

実際には、常駐アプリやGPSなどで電力を消費するので、ここまで持たないでしょうが、それでも半分の8日も持ってくれたら凄い便利です^^

 

電池を気にしながらの使用はやっぱりストレスですものね。

ただ、あまり長持ちするから充電する癖が無くなって、大事な時にバッテリー切れ!!!

なんてこともありうるかも^^;

 

にしてもこの大容量は魅力的です。

 

■かなり便利な『USB Type-C』を搭載

f:id:mihohime:20151201070049j:plain

 

http://neo.nuans.jp/

 

今のUSBって指す方向が決まっていますよね。

平べったい方が下で、三角が上で・・・

明るいところでやれば特に問題が無いのですが、暗い場所だと一気に指しづらくなります・・・・

これがiphoneのケーブルだと、上下が無いのでとても便利でした。

実際私はiphoneから移ってきて、ここが不便に感じていました。

 

それが、それとほとんど同じタイプの差込口の『USB Type-C』が今回採用されるので、かなりストレス軽減に繋がると思います。

将来的にiphoneもこのType-Cになると言う噂もありますが(私は疑心的に見ています)そうなれば、誰もが使うことが出来て便利になると思います^^

 

実際にはもっと便利な機能が満載のUSB Type-Cですが、それは後日ご説明致します。

 

■自分で取り換える背面カバー

f:id:mihohime:20151201071834j:plain

http://neo.nuans.jp/

 

このNuAns Neoの特徴の一つである、背面カバー。

木製の物だけではなく、ポップなカラーやマットな質感の物など色々揃っています。

そのカバーを購入サイトではこのように選ぶことが出来ます。

*全てSimulation | NuAns | New Answer with NuAns NEOより引用

f:id:mihohime:20151201072324j:plain

このように上下各色から選び組み合わせが出来ます。

例えば・・・

f:id:mihohime:20151201072433j:plain

このように全て木のカバーにすることも出来ますし・・・

f:id:mihohime:20151201072504j:plain

このようにポップなカラーで仕上げることも出来ます。

また・・・

 

f:id:mihohime:20151201072547j:plain

 

このようにネイチャーなイメージも私はオシャレだと思います^^

さらに・・・

 

f:id:mihohime:20151201072622j:plain

 

ファブリックな仕上げの手帳風のフリップカバーもあります。

 

ちなみにU-mobileでも発売予定です。

U-mobileがこの仕組みをどう再現するのか・・・

ちょっと楽しみではあります^^

 

■U-mobileさんは12月中に予約開始

f:id:mihohime:20151201072951j:plain

http://umobile.jp/news/20151130/

 

さて、この『NuAns Neo』をいち早く採用するのが『U-mobile』。

ちょっと前までは地味な存在であったMVNOですが、Black Beryyの機体を取り扱うなど、最近存在感を示してきたMVNOです。

 

元々、有線音楽配信のUSENが親会社だったので、音楽系のサービスにはかなり力をいれており、

f:id:mihohime:20151201073511j:plain

USEN MUSIC SIM|格安スマホ・SIMカードのU-mobile(ユーモバイル)

 

毎月たったの500円程度を払えば、USENの音楽が聴き放題になるサービスもあります。

通信速度も比較的安定していることから、今後もっと伸びるのでは?と個人的に思っている会社です。

 

今回の『NuAns Neo』がヒットすれば、もっとメジャーになれると思います。

その逆にメジャーにならなければ、速度が安定する・・・って逆張りもありなのかな?なんて言ったら失礼ですね^^;

 

■発売は1月下旬

さて、これだけ魅力的なスマホですが、手に入れるまではしばらく時間が掛かります。

現在予約は開始していますが、販売は来年2016年の1月下旬予定。

 

ちなみにU-mobileでも、同じ位の日程での発売が予定されています。

まだ2か月もあるので、じっくり他と比較検討してから買うのがベストだと思います。

*購入サイトはこちら

■まとめ

最近になって、動きが出てきた『Windows10 mobile』搭載のスマホ達。

昨日いち早くFREETELの『KATANA 01』が発売され、マウスコンピューターの『MADOSMA』も販売を開始しています。

その他にも、Acerやドスパラなども後に控え、個人的な大本命『VAIO』がまだ未発表です。

 

そんな中でも性能や機能に目線をおかず、デザインやそのあり方について考え抜かれたこの『NuAns Neo』は特異な存在かもしれません。

 

しかし、本来いつも手元に持って歩く物は、性能や機能よりも、デザインやそのあり方などを重視する方が大事なのではないか?

私にとってこの『NuAns Neo』はそう思いださせてくれた、大事な1台になりそうです。

 

お値段が若干高めで、他の機種と同レベルな性能なので、爆発的に売れることは難しいでしょうが、コアなファンが付きそうな大事な1台になりそうです。

 

そんな1台で格安スマホを初めて見るのも面白そうですね^^

 

フォローやブログ応援をお願いします^^ブログ運営の励みになります

follow us in feedly にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ スマホ・携帯情報へにほんブログ村 スマホ・携帯ブログ 格安SIMカード・MVNOへ

スポンサードリンク
   

 合わせて読みたい記事