読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

格安スマホ SIMで節約生活^^

格安スマホと格安SIMの記事を書いています。大人気の『ZenFone』『HUAWEI』の記事や、MVNOの『Nifmo』さん『楽天モバイル』さん『DMMモバイル』さんなどの紹介記事を中心に、格安スマホへ乗り換える人や、検討、比較をする人に読んで頂ければ幸いです^^皆さんも格安スマホで節約生活しましょう!

【VAIO Phone Biz】 先日発売された実質的なWindows10mobileのフラグシップ機を調査してみる

■安曇野フィニッシュってだけでもう満足です^^

f:id:mihohime:20160511201045j:plain

VAIO | 商品情報 | VAIO Phone Bizより引用

 

去年の今頃ですかね。

あのVAIOからスマホが出る!ってことになり、色々と紆余曲折を得て販売された、『VAIO Phone』

 

結局は日本通信がデザインと名前借りしただけの不発機に終わり、VAIOも、とばっちりをもらって評価を下げる・・・・

 

そんなことが去年にありました^^;

 

しかし、今年はVAIOが自分で企画~販売、そしてVAIOの代名詞でもある『安曇野フィニッシュ』まで実現してのお届けとなり、今回は大丈夫だろうと、期待して良いだろうと期待をしておりました。

 

そんな機体が先日発売になりましたので、購入者のレビューなどを参考に、もう一度調査してみたいと思います。

 

■OSはWindows10 mobile

f:id:mihohime:20160511201904j:plain

Windows - マイクロソフトより引用

 

このVAIOの最大の特長が、OSが『Windows』であること。

現在のスマホのOSは、iPhoneなどのiOS、その他のAndroidが主流、と言うか実質的にはこの2種類以外はほとんどシェアがない状況です。

 

そんな中での第3のOSとなるべくして誕生したのがWindows10mobile。

このVAIOに搭載されているOSです。

 

このOSの最大の特長は、Windowsとの連携を前提に作られていること。

そもそも連携と言うか、Windowsそのものであったりします。

 

ですので、エクセルやワードもありますし、PCで作ったエクセルもそのまま使えますし、携帯で作ったものもそのままPCで使えます。

 

よくスマホは『持ち歩くパソコンだ』なんて言いますが、このWindows10mobile搭載機は、まさしくの言葉通りのスマホになっています。

 

ですので、ビジネス用としての利用価値が高いスマホになっていて、それに合わせてVAIOのHPもこのようにうたっています。

f:id:mihohime:20160511202803j:plain

VAIO | 商品情報 | VAIO Phone Bizより引用

 

『ビジネスを加速するスマートフォン』の記載の下には、法人さま向けの専用ページへのバナーもあります。

 

まあ、そもそも機体の名前にビジネスの略語『Biz』と言う字が入っている時点で、ビジネスユーザーに向けているスマホであることが分かります。

 

と言っても、個人で買うことも使用することも可能ですので、そこは安心をしてください。

 

■Windowsだから出来ること

さて、このiPhoneでもなく、Androidでもないスマホにしか出来ないことが多くあります。

 

その1例として『Continuum』(コンティニュアム)と言う機能があります。

これは、PCやTVと接続して、スマホの画面をそのモニターに映すことが出来る機能。

f:id:mihohime:20160511203555j:plain

楽天モバイル: VAIO Phone Bizより引用

 

また、キーボードやマウスも無線接続出来るので、あっという間にPC環境が出来上がるんです^^

 

先ほど言ったように『持ち運べるPC』を本当に実現したんですね!

移動が多く、ノートPCを常に持ち歩いていた人や、一か所で仕事をしない方などには本当に便利な機能だと思います。

 

『あっちのPCに情報を入れ忘れてしまった・・・』

『PCが違うからメールが受け取れない・・・』

 

なんて心配が要らなくなります^^

ただ、落としたら本当に一大事ですね・・・・

会社の情報が一気に漏えいした・・・なんてことも今後ありうるかもしれません。

 

尚、この『Continuum』ですが、このVAIO Phone Bizで使用する際には、別売りのContinuum対応ワイヤレス・ディスプレイアダプターが必要です。

色々と調べてみましたが、このアダプターが最も検索されます。

f:id:mihohime:20160511205219j:plain

ScreenBeam by Actiontec | ScreenBeam,Wireless Display,Actiotnec,Wireless HD Video

 

名前は『ScreenBeam Mini2 Continuum』

ビックカメラなどで約1万円で購入が出来ます。

*購入サイトはこちら(ビックカメラのサイトに飛びます)

http://www.biccamera.com/bc/disp/CSfGoodsPage_001.jsp?GOODS_NO=3330152

 

その他にも、エクセルやワード、またWindows用のアプリが使えたり(全てではない)とWindowsユーザーなら、使い慣れたアプリが使えるのも利点ですね^^

 

■スペックは中級クラス

VAIOと言えば、イメージ的に高性能機を想像しますが、この機体のスペックは中級機です。

VAIO公式のスペック表です。

f:id:mihohime:20160511210318j:plain

f:id:mihohime:20160511210404j:plain

f:id:mihohime:20160511210429j:plain

f:id:mihohime:20160511210331j:plain

VAIO | 商品情報 | VAIO Phone Biz | 仕様より引用

 

CPUは中級グレードですし、容量も16GBと持ち運べるPCと考えると寂しい感じ。

それでも購入者のレビューなどを見ると、かなり上々な動きをするようなので、Windows10mobile自体が、上手に作ってあるのだと言えます。

 

これよりもスペックの低いものでも、十分な動作をしていることからも、このことが分かります。

 

今回のこの機体を作るにあたって、最高の物をと言う企画だったようなので、その辺りはちょっと残念に感じています^^;

 

■価格は約59,000円

f:id:mihohime:20160511211014j:plain

スペック選択|VAIO公式 オンラインストア|VAIO STOREより引用

 

今回購入にあたり、一番のネックになると思うのが、この価格。

 

昨今の格安スマホの主流は2万円代のスマホですので、この約6万円の価格をどうみるか・・・

個人的には高いと感じています。

 

しかし、ビジネスとして使うなら安いのかなー、特にPCを持ち歩けると言う利点から、モバイルPCを持たなくていいと言う環境を考えれば、破格だって方も多いのでしょうか?

 

ちなみに楽天モバイルでも購入が出来ます。

f:id:mihohime:20160511211622j:plain

楽天モバイルより引用

 

こちらだと値段は一緒ですが、分割払いが出来ます。

ただし、機体だけの購入は出来ませんので、SIMとセットで欲しい方のみの選択になります。

 

個人的にはSIMとかにあまり詳しくない方は、セットでの購入をおススメしています。

何かあった時の窓口が一か所であるのは、とてもメリットが多いからです^^

 

■まとめ

さて、長々と再度このVAIOのスマホを確認してきました。

確認して思ったのは、やはり『買いたいけれど、買いづらい機体』であると言うこと。

 

機体自体は良いだろうし、VAIOの名前だけでも購入したい気持ちになります。

また、Windowsであることへの、探求心も生まれてきます。

 

しかし、この価格を払ってまで、まだ発展途上のWindowsに移ることは果たしてどうなんだろ・・・?

メイン機として、今まで使っていたアプリが無くなるのは困るし・・・

 

そんな気持ちが先行して、欲しいけれど実際には買うことが出来ない・・・

このような気持ちになり、買えない人が多くいるのが実情のようです。

 

実際に、この機体以外のWindows10mobile機体は、中々苦戦していることから、もしかしたら早い未来にこのOS自体が過疎化することも考えられます。

 

そんなこともあり、胸を張ってお勧め出来ていない機体になります。

でも、良い機体であることには変わりありませんので、欲しい方は購入してみるのも良いと言っておきます^^

 

せめてもう1,2台良いWindows10mobileが出たら、もっと盛り上がるのにな~・・・

って感じで今回は締めさせて頂きます(笑)

 

フォローやブログ応援をお願いします^^ブログ運営の励みになります

follow us in feedly にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ スマホ・携帯情報へにほんブログ村 スマホ・携帯ブログ 格安SIMカード・MVNOへ

スポンサードリンク
   

ついでに読みたい!他の最新記事はこちらです