読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

格安スマホ SIMで節約生活^^

格安スマホと格安SIMの記事を書いています。大人気の『ZenFone』『HUAWEI』の記事や、MVNOの『Nifmo』さん『楽天モバイル』さん『DMMモバイル』さんなどの紹介記事を中心に、格安スマホへ乗り換える人や、検討、比較をする人に読んで頂ければ幸いです^^皆さんも格安スマホで節約生活しましょう!

【FREETEL SAMURAI】 ついにSAMURAIシリーズ MIYABIとKIWAMIの基本仕様が公開!他の注目機種との比較もしてみました。

【キャリア】FREETELさんから買う? SAMURAI 雅  FREETEL SAMURAI 極 FREETEL

■この価格でこの仕様・・・これは売れる!

f:id:mihohime:20150916154355j:plain

https://www.freetel.jp/lp/samurai/より引用

 

追記:発売日が決定しました!

11/16予約開始、11/20発売

 詳細はこちら

いよいよこの2機の詳細が明らかになりました!

 

特に『極』はスペックの公開は初です。

今年の6月に発表されて以来、多くの方の方が発売を待ち望んでいる両機。

今回はその気になる詳細をご紹介致します。

 

■SAMURAI MIYABI (雅)

f:id:mihohime:20150916155212j:plain

SAMURAI|FREETEL(フリーテル)より引用

 

スペック

f:id:mihohime:20150916155318j:plain

*クリックして拡大して見てください。

 

SAMURAI MIYABI

サイズ:142 × 72 × 8.2 mm 

画面サイズ:5.0インチ

解像度:1280×720(HD IPS)

重さ:150g

OS:Android5.1

CPU:Quad core 1.3GHz

メモリ:2GB

ROM:32GB

カメラ:アウト1300万画素 イン500万画素

バッテリー:2,200mAh ※取り外し可

価格:1万9800円

 

スペックや画面の大きさ、解像度など、現在の格安スマホの中間からちょっと下の方に当たる機体です。

 

対応バンドが、ドコモとソフトとバンクの主要なバンドに対応していますので、安心して購入が出来ます^^

 

この機体の最大の特徴は、このコストパフォーマンス。

これだけの性能を持ち、2万円を切る設定は海外のメーカーでも中々見当たりません。

FREETELさんは、この機体で世界に進出をする予定とのことなので、かなりの力の入れようなんでしょう^^

 

また、『和』テイストなカバーもこの機体の魅力の一つ。

f:id:mihohime:20150916161300j:plain

FREETEL(フリーテル) │Product Lineup!より引用

 

これだけ背面カバーが作りこんであると、今流行のフリップカバーだったらどうするのか?そもそもフリップカバーが出るのか?

色々と考えるだけでワクワクしてきます^^

 

最近のスマホのデザインで、こんなに心が躍る機体は他にあったでしょうか?

 

この機体は現在工場での制作中とのアナウンスが先日あったばかりなので、近い将来購入が出来ることでしょう^^

本当に楽しみです!

 

■SAMURAI KIWAMI(極)

f:id:mihohime:20150916161650j:plain

https://www.freetel.jp/lp/samurai/より引用

 

こちらは、スペック等の公開は初めての機体になります。

これも6月の発表会での公開でしたが、その際に『現在考えられる最高の機体に・・・』そんなアナウンスがあったので、期待をしている人が多いはず。

 

その反面たったの3万9800円であることから、値段相当だろう・・・なんて意見も出ていたのも事実。

今回はその問題の答えが用意されました!

 

スペック

f:id:mihohime:20150916162556j:plain

*クリックして拡大して見てください。

 

SAMURAI KIWAMI

サイズ: 159.5 × 82.6 × 8.9 mm

画面サイズ :6.0インチ

解像度 :2560x1440(WQHD)

重さ :182g

OS: Android5.1

CPU :Octa core 2.0GHz

メモリ:3GB

ROM:32GB

カメラ :アウト2100万画素 イン800万画素

バッテリー :3400mAh

価格 3万9800円

 

正直びっくりのデータですね!!!

6インチ WQHDの画面は現状でのスマホでも上位クラスのみの仕様です・・・

2100万画素あるカメラに、3400mAhあるバッテリーなどなど・・・

その他のスペックも揃って高スペックです。

 

これがたったの3万9800円でしょ?!

これ売れなかったらおかしいでしょ!ってレベルです^^;

 

この機体も『雅』のように、和テイストなカバーが用意されます。

f:id:mihohime:20150916163218j:plain

SAMURAI MIYABI (雅) 匠の心をこめて | freetelより引用

 

職人さん達の手塗りの仕上げのカバーです。

かなり綺麗ですね^^

汚すのがもったいなくてスマホ使えないかも(大笑)

 

こちらはMIYABIが発売された後の発売だとアナウンスされています。

と言うことは早くても来月以降になりそうです。

 

■注目の他機種と比較してみた!

f:id:mihohime:20150916163952j:plain

f:id:mihohime:20150916164243j:plain

 

こうやって比較すると、これまで凄いと思っていた『ZenFone 』シリーズのコスパすらかすんで見えます^^;

 

特に凄いのは『KIWAMI』ですね。

同価格帯の『ZenFone Selfie』はかすんでしまいます・・・

また、個人的に高評価の『ALCATEL ONETOCH IDOL 3』はかなり割高なイメージに・・・

 

このKIWAMIとMIYABIはこのまま発売されたら、かなりのバランスブレーカーになりそうですね!

 

■まとめ

実はこのFREETELさん。

先日発売したSIMフリーガラケーの3日で完売事件(私の中では事件でした!)以来、個人的に良いイメージが無くなっていたのです^^;

 

しかし、今回の発表でまた一気に期待のMVNOさんに復活です!!!(げんきんだな~(笑))

 

後はこの機体を上手に販売してくれたら、日本の格安スマホ界をさらに変えてくれることだろうと信じています。

 

さて、iPhoneよりもこっちのほうが私は欲しいと思えました^^

皆さんどう感じたでしょうか?

 

FREETELさん、今度はしっかり生産して、3日で完売は避けてくださいね(大笑)

 

フォローや応援をお願いします^^ブログ運営の励みになります

follow us in feedly にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ スマホ・携帯情報へにほんブログ村 スマホ・携帯ブログ 格安SIMカード・MVNOへ

スポンサードリンク
   

合わせて読みたい記事