読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

格安スマホ SIMで節約生活^^

格安スマホと格安SIMの記事を書いています。大人気の『ZenFone』『HUAWEI』の記事や、MVNOの『Nifmo』さん『楽天モバイル』さん『DMMモバイル』さんなどの紹介記事を中心に、格安スマホへ乗り換える人や、検討、比較をする人に読んで頂ければ幸いです^^皆さんも格安スマホで節約生活しましょう!

【格安スマホ】 HUAWEIさん 『honor6 plus』で格安スマホ始めてみる?

■二つの目を持つスマホです。

f:id:mihohime:20150520183025j:plain

http://consumer.huawei.com/jp/mobile-phones/より引用

 

本日、HUAWEIさんの発表会があり、そこで紹介された機体。

それが『honor6 Plus』です。

 

昨年末、発表されたこの機体は、当時は十分過ぎるほどの性能を持って発表されました。

しかし、日本では中々発売されず、やっと発表を迎えました。

 

昨日の記事でも紹介しましたが、これは『ZenFone 2』に対抗出来るモデルになるのか?

その辺りも含め、今回紹介をしていきます。

 

■まずはデザイン

f:id:mihohime:20150520210544j:plain

http://consumer.huawei.com/jp/mobile-phones/gallery/honor6plus-jp.htm#anchorより引用

 

デザインは至ってシンプル。

しかし、裏面にメタルを使うなど、しっかりと作っている感じはしっかりと伝わってきます。

 

この辺りは、ライバルをアイフォンとして設定していただけに、クウォリティーの高さが感じられます。

 

ちなみに用意されたカラーは3色。

ホワイト、ブラック、ゴールドです。

個人的には、ホワイトが上手にまとまっているように思います^^

 

■スペックは?

次に気になるのがスペック。

公式のスペック表がこちら。

f:id:mihohime:20150520211119j:plain

 

http://consumer.huawei.com/jp/mobile-phones/tech-specs/honor6plus-jp.htm#anchorより引用

 

スペックはかなり高めなスペックです。

これが去年の年末に発表されていた機種とは到底思えません^^;

メインカメラが2つあることで、かなりの性能を持ったカメラにもなるようです。

 

『ZenFone 2』とは、どうしても比較対象になるので、比較をしていきますが、メモリ以外はほぼ同等~それ以上って性能になります。

参考までに『ZenFone 2』のスペック表はこちら。

 

f:id:mihohime:20150520212015j:plain

 

http://www.asus.com/jp/Phones/ZenFone_2_ZE551ML/specifications/より引用

 

■対応バンドの少なさが気になる・・・?

ちなみにスペック表にある、対応バンドの数。

これが少ないように思えます。

おなじように感じていた人はいたようで・・・

*************************

クローバー

遂に発表されましたね!
値段もzenfone2とほとんど変わらないですね。
でも良く調べると対応バンドがzenfone2と比べると貧弱です。
Honor 6 Plus:FDD-LTE B1/B3/B7
WCDMA B1/B6/B8/B19
都会の人は問題無いにしても田舎へ行くとどうなんでしょう?ほとんどの人がzenfone2に流れるんじゃないでしょうか?
mihohimeさんの感想を聞かしてください。

**********************

このようなコメントを頂けました^^

クローバーさんにはいつもお世話になります。

 

さて、このコメントにあるように、田舎へ行くと・・・の件ですが、ある程度は大丈夫だと思います。

今回は機種のみの販売ではなく、楽天モバイル経由のでも販売しています。

 

何も知らない人が買って、『楽天は電波が悪い!』なんて言われるのが嫌でしょうから、ある程度の見込みは持っているでしょう。

 

しかし、バンドの少なさが、ネックになることはありえることなので、買う際には注意をして買わなければいけないですね^^

(ただ単にバンドのこと詳しくなくて、そう思いたいだけかも・・・)

 

■気になる価格は・・・?

これだけ良い性能の機種ですから、結構なお値段なんでしょ?

今回は楽天さんのみでの購入が可能なので調べてみると・・・

 

f:id:mihohime:20150520213756j:plain

f:id:mihohime:20150520213759j:plain

http://consumer.huawei.com/jp/mobile-phones/tech-specs/honor6plus-jp.htm#anchorより引用

 

となり、かなりの割安感がある価格設定になっています。

本体の45,800円から、キャッシュバックの4,750円と純正カバーが2000円程度(過程)なので、実質3万円台になることになります。

(追記)カバーの代金を引いたら駄目ですね^^;

ですので、ぎりぎり4万円台ってことでした。

 

■ちなみに私は先日こんなことを言っています。

f:id:mihohime:20150520214427j:plain

以上、先日の記事。

 

この条件を今回辛うじてですが、クリアーすることに成功しています!

 

(追記)価格が4万円台で惜しくもクリアーならずでした・・・

ですが、毎月2000円程度で、この性能の『honor6 Plus』が買えるのは魅力的です。

 

ですので、この機種、もしかしたら人気機種になるかもしれません。

同じメーカーからの発売の『Ascend mate7』のように、『ZenFone 2』と双璧を担う機体として、輝けるかも・・・

 

■とにかく買う価値は十分にありますね^^

追記:

やはりバンドの関係で万人にはおススメ出来ない機種でした^^;

電波環境が良い場所にお住いの方のみにおススメします。

移行原文

 

この機体は価格と性能バランスがとても良く多少の問題は見つかりますが、それ以上に魅力のある機種だと感じました。

 興味がある方はこちらのサイトからチェックをして下さい。

楽天モバイル 通話SIM ベーシック

 

6月以降の発売のようですので、こちらも詳しい情報が出来てきたら、報告してみたいと思います。

 

合わせて読みたい記事

 

よろしければFBツイッターでシェアをお願いします。制作の励みになります。follow us in feedly にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ スマホ・携帯情報へにほんブログ村

スポンサードリンク