読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

格安スマホ SIMで節約生活^^

格安スマホと格安SIMの記事を書いています。大人気の『ZenFone』『HUAWEI』の記事や、MVNOの『Nifmo』さん『楽天モバイル』さん『DMMモバイル』さんなどの紹介記事を中心に、格安スマホへ乗り換える人や、検討、比較をする人に読んで頂ければ幸いです^^皆さんも格安スマホで節約生活しましょう!

【Huawei honor 8】 あの不人気モデルの最新版が登場!今回は不人気どころか、かなりのお買い得機に!!!

■HUAWEIの売れ筋モデルになりそうです

f:id:mihohime:20160916070238p:plain

楽天モバイル: honor 8

 

高性能なのに、対応バンドの調整ミスで一気に不人気になり、今でもセール品常連の『honor 6 Plus』

 

その最新版が9/28に発売されます。

 

今回も残念なのか・・・?と思いきや、今回の『honor 8』はかなりの期待作!

 

同日に発表会のある『ZenFone 3』の勢いを削ぐかのように発売されます^^;

 

と、その位魅力的な機体であると、メーカーも判断したのでしょう。

 

さて、今回はそんな期待作をご紹介していきたいと思います。

 

■高級感の溢れる外観

f:id:mihohime:20160916070816j:plain

楽天モバイル: honor 8

 

実は日本では不人気だった『honor』シリーズは、HUAWEIの旗艦シリーズとも言える位置づけ。

 

このように外観だけでも高級感を感じられる、贅沢な作りをしています。

 

f:id:mihohime:20160917065428j:plain

http://corp.rakuten.co.jp/news/press/2016/0914_01.html

 

このように背面は独特な光沢を発していて、カバーを付けて使うのがもったいないくらい。

でも・・・この光沢を傷付けたくないし・・・

 

5.2インチのサイズも丁度持ちやすいので、カバーに本当に悩みそうな1台になりそうです。

 

■スペック表はこちら

この『honor 8』をMVNOでは楽天モバイルさんが独占販売するようです。

 

そちらのサイトでスペック表が出ていましたので、お知らせします。

f:id:mihohime:20160916071528j:plain

楽天モバイル: honor 8

 

高性能な性能は見て頂いた通り。

 

SoCは最新最強のの955ではありませんが、950も遜色ない性能であり、実績がある分安定した性能が期待できます。

 

4GBのメモリも今や標準仕様なんだなーって、ちょっと感慨深い物もありますね^^;

 

大きすぎない5.2インチFHDの画面なら、この3000mAhのバッテリーでかなりの長時間運用が期待できそうです。

 

また、気になる対応バンドは・・・・

 

LTE:B1/2/3/4/5/8/12/17/19/20

TDD-LTE:38/40

W-CDMA(3G):B1/2/4/5/6/8/19

 

となり、前回には無かったドコモのプラチナバンドにしっかりと対応しています。

また3Gのバンドも多くに対応済みです。

 

 また、『B1+B19/B3+B19/B1+B8』組み合わせで、LTEのキャリアアグリゲーションにも対応してしますので、理論的には最高262.5Mbpsの通信が行えることなります。

 

これだけ対応していれば、現時点では問題はなさそうです^^

 

また、Wi-Fiもacの規格に対応しており、5.0GHz帯も利用可能ですので、Wi-Fiでの運用も問題なしですね。

 

■デュアルカメラが基本になる?

f:id:mihohime:20160916072126j:plain

 

honor 8はiPhone7と同じように、背面に2つのレンズを用意します。

 

これにより、より色々な写真が撮れるようになり、デジカメとの差が一層に無くなってきます。

 

HUAWEIは同社のHUAWEI P9にもライカ監修のデュアルレンズを採用していますが、今回はライカの監修は無いようです。

 

このように、今後はデュアルカメラが基本になるのでしょうか・・・・?

 

■販売は楽天モバイル独占販売

尚、この機体の販売はMVNOでは楽天モバイルが独占するようです。

 

しかし、この独占販売方式・・・

 

過去を考えれば失敗しかないような・・・

 

色々なキャリアで販売することで、人目に触れて、それで人気モデルになっているHUAWEIやZenFoneに追いつけないのはこういったところも原因かと・・・

 

尚、直販サイトでの購入も出来ますので、すでにSIMがある方はそちらからの購入になります。

 

■価格はびっくりな低価格

今回の『honor 8』でびっくりするのが、その価格。

 

定価や正規販売店での価格が、4万2800円。

 

これだけでも、性能や機能を考えればお買い得ですが、独占販売する楽天だと更にお安くなってなんと、3万5800円。

 

去年なら、5万円以上してもおかしくないこの機体が3万円で買えることになります。

 

時代が良くなったのか、HUAWEIが攻勢に出ているのか・・・

 

ちなみに販売日に発表される予定の『ZenFone 3』シリーズの価格も、海外での販売価格はこのクラスに設定されています。

 

次々と新作を投入し、日本でもお馴染みのメーカーになりつつあるHUAWEIに、初代格安スマホ王者が負けるのか・・・?

 

そういった面でもこの価格設定は楽しみなところになりそうです。

 

■発売日、価格等のまとめ

 

発売日:9/28

予約開始:9/21~(楽天モバイル)

MNPでの予約開始:9/25~(楽天モバイル)

 

直営店価格:4万2800円(税抜)

楽天モバイルキャンペーン価格:3万5800円(税抜)

キャンペーン期間:9/21 14:00~ 12/1 9:59まで

 

直営店サイト:HUAWEI | ファーウェイ オンラインストア 楽天市場店

楽天モバイルサイト:楽天モバイル

 

■まとめ

年々、秋から年末に掛けて動きが活発になる格安スマホ業界。

 

今年はこの『honor 8』と『ZenFone』の新作のバトルからスタートしそうです。

 

去年は週替わりで魅力的な機体の発表があったくらいの印象を受けました。

 

と言っても、ある程度の話題はiPhoneと新鋭のFREETELが目立った印象があります。

 

今年の秋から年末への激熱な数か月。今年はどのメーカーさんが話題を勝ち取るのでしょうか?

 

今回紹介したHUAWEIさんもまだまだ弾を持っていますし、初代格安スマホ王者のASUSのZenFoneも黙ってはいないでしょう。

 

また、携帯市場を席捲している海外格安スマホに、日本のメーカーは指をくわえて見ているだけなのか?

 

これまで市場を独占してきた3大キャリアがようやく重い腰を上げるのか?

 

それとも何か大きなニュースが入ってくるのか・・・

 

年末に向けて、注目の格安スマホを今後もお見逃しなく!!!

フォローやブログ応援をお願いします^^ブログ運営の励みになります

follow us in feedly にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ スマホ・携帯情報へにほんブログ村 スマホ・携帯ブログ 格安SIMカード・MVNOへ

スポンサードリンク
   

ついでに読みたい!他の最新記事はこちらです