読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

格安スマホ SIMで節約生活^^

格安スマホと格安SIMの記事を書いています。大人気の『ZenFone』『HUAWEI』の記事や、MVNOの『Nifmo』さん『楽天モバイル』さん『DMMモバイル』さんなどの紹介記事を中心に、格安スマホへ乗り換える人や、検討、比較をする人に読んで頂ければ幸いです^^皆さんも格安スマホで節約生活しましょう!

【iphone 6S発売決定!】 発売日は9/12に予約開始の25日発売。価格は8万6800円から・・・さて買う価値はあるのかな・・・?

iphone Apple

■この数字の後につく『S』ってなんの略でしょ?

f:id:mihohime:20150910072501j:plain

iPhone - Apple(日本)より引用

 

今日の朝早く(と言っても2時)についにiphoneの最新作が発表されました!

その名も『iphone 6s』&『iphone 6s Plus』

 

格安スマホを取り扱っているこのブログでは、あまり縁の無い機体ですが、それでもこの機体は紹介せざるを得ません。

 

ただ、普通の見方ではなく、格安スマホとして考える見方でこの機体を検証してみたいと思います。

 

はたして買う価値があるのでしょうか・・・?

 

3Dタッチ搭載(感圧センサー)

f:id:mihohime:20150910073444j:plain

iPhone 6s - Apple(日本)より引用

 

これが今回最も変わり、また最も注目するポイントです。

 

最近の機体に多く見られるようになった『感圧センサー』

指で画面を押す際の圧力を感知して、それを動作に組み込む仕組み・・・

ちょっと難しい言葉ですね・・・

 

簡単に言うと、画面を押す力の差で色々できるよってことです^^;

 

■PeekとPopの登場

この押す力具合と押す長さなどで色々出来るようになり、この作業名をAppleさんは、『Peek』と『Pop』と名付けています。

 

この『Peek』は作業をする前に見る作業で軽く押すことになります。

『Pop』は実際に見る作業で、更に深く押すことになります。

 

って言われてもなんのこっちゃって思いますので、実際にAppleさんの使用例をUPしてみます。

iPhone 6s - 3D Touch - Apple(日本)より引用

f:id:mihohime:20150910074709j:plain

『Peek』は作業を決定する前に、その作業をすることが出来ます。

なので、Eメールを開く前に、中を覗き見ることが出来ることが出来ます。

開いちゃうのとなにが違うの?って言われるとあれですが・・・

既読情報を送りたくない時には便利かもしれません。

 

f:id:mihohime:20150910074711j:plain

こういった操作は便利ですね^^

メールなどで送られてきた住所を『Peek』するだけでマップで見ることが出来ます。

それで分かれば、そのまま閉じればいいし、もっと詳細を知りたい場合は『Pop』して(もっと深押し)してアプリを開き、じっくり見ることが出来ます。

 

f:id:mihohime:20150910074713j:plain

 

こちらもアドレスを『Peek』することで出来ます。

サイトを開く前にどんなサイトなのか確認することが出来るので、送られてきたサイトが如何わしいサイトでないか、怪しいサイトでないか・・・

 

そんなことがサイトを実際に開く前に『覗き見』出来ます。

 

今後はこの作業が当たり前になってくるでしょうから、この『Peek』と『Pop』。

名前を憶えておいた方が良いでしょう^^

 

来年あたりにはきっと『マウスの左をクリックして』位当たり前な言葉になっているかも・・・?

 

■『LivePhotos』が楽しそう^^

新しい写真機能で、『Live Photos』が追加されました。

この機能は、写真を撮っている際の動画も同時に撮れるというもの。

 

6秒動画『VINE』みたいと言えば分かりやすいでしょうか?

これはブログでは表現しずらいので、実際にサイトに行ってみて頂くのが一番だと思います。

iPhone 6s - カメラ - Apple(日本)

 

紙の写真には残せませんが、データとして残していけるので、より思い出が残しやすくなりました^^

 

■カメラは大幅機能アップ、CPUなども大改善

今回は6→6Sへのマイナーチェンジですが、いつものマイナーのような細かい変更だけではありません。

 

・カメラは800→1200万画素(アウト) 120→500万画素(イン)への大幅UP

・LTEが従来の通信速度下り最大150Mbpsから300Mbpsに速度アップ

・CPUがA8からA9へ進化、CPUは70%、GPUは90%高速化

・iOSが最新の9に進化

 

他にも色々とパワーアップをしています。

それに合わせて、大きさはほとんど変わりませんが、重さは約20gアップです^^;

Apple社は機体の性能を公表していないので、リーク情報などから得た情報での話にはなりますが、ただのマイナーチェンジを超えた性能のUPです。

 

■価格は8万6800円で、予約は9/12から

f:id:mihohime:20150910084959j:plain

iPhone 6sとiPhone 6s Plusを見る - Apple (日本)より引用

 

さて、このモデルの予約開始は9/12の午後4時01分から。

価格は6SのROMが16GBのモデルが8万6800円~

6S Plusの16GBが9万8800円~

 

決して安いとは言えませんが、現状の円安等を考えたら、頑張ってくれたのかな?って感じです。

 

しかし、発売日がアメリカなどより1週間程度遅れた25日なのはちょっと・・・・

ここまでiphoneに貢献している国なのにね~って感じです^^;

 

噂では中国との発売日の差で、混乱を避けるためとのことですが、そんなこと日本に押し付けないで欲しいです!

日本と中国でローカライズして、実質使えないような機体にしたらいいのに・・・

 

■さて、この機体は買う価値があるのか?無いのか?

実はこの9~10月は、スマホの2年縛りが一番切れる時期だそうで、しかも2年前にブームで何となくiphoneにした人達の2年縛りが切れる、重要な時期だそうです。

 

と言うことで、3大キャリアが今後顧客の取り合いをするわけで、この6Sもその格好なターゲットになることは受け合いです。

 

さて、そういった方々や、SIMフリーの機体を探していた人などがこの機体を買うべきなのかどうか?

私の持論を発表したいと思います・・・

 

答えは・・・

 

『7待ちが正解!』

 

です^^;

 

■その理由は?

この6Sは3Dタッチでの新しい操作の提案や、大幅な性能UPのため、実質的にはマイナーチェンジではなく、モデルチェンジと言っても良いくらいのものです。

 

しかし、実際にはこれまでのiphoneとあまり変わり映えがせず、また2世代前の『iphone5』もまだまだ現役で使えている現実を考えると、ここで変える必要性があまり見当たらないです。

特に2年縛りから解かれる方々が、また2年の縛りを得て買うほどの物ではないでしょう。

こういったブログを書いているから言うのではありませんが、格安スマホなどに乗り換えてみるのも一つの手だと思います。

 

それでもキャリアのスマホにこだわるならば、今後一気に安売りに転じる『iphone6』をなるべく安く購入し、次回の7の発売を待つのが正解だと思います。

一括0円は当然のことながら、数万円のキャッシュバックも当たり前のように行うはずです。

 

機種変更を予定の方は中々恩恵が受けられませんので、この際にメールアドレスをGmailなどに移行し、MNPで他社に移るのも手だと思います。

以降の仕方を記事にしています(こちらはガラケーですが、応用がききます)ので参考にしてみてください。

メアドさえ変える必要が無くなれば、キャリアなんてどこでもそんなに変わらないですからね^^

ただ、電波の地域差はありますので、その辺りを吟味する必要はあります。

 

私が思う『iphone』の良さは・・・『革新性』

これが感じられない今回の6Sはどうも魅力を感じませんでした。

3Dタッチだけじゃーちょっと弱すぎるし、実際にこれが便利なのかどうか・・・

面白い取り組みだとは思いますが、実際にこの機能がなければいけないってくらいになるのは、『iphone7』が発売するころではないでしょうか?

 

その頃には十分認知され、また7になって更に便利になった3Dセンターが待っている・・・

私は、この機能だけでこの『iphone6S』を買うのはもったいないと感じます。

 

■まとめ

今後のスマホ界はしばらくこの『iphone6S』の話になるでしょう。

なのに、7まで待てって、何様のつもりだよ!って思われたかもしれません・・・

 

しかし、これから先、この他にもいっぱい良い機体が発売されていきます!

私は、そちらに重点をおいてみたいと思います^^

 

フォローや応援をお願いします^^ブログ運営の励みになります

follow us in feedly にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ スマホ・携帯情報へにほんブログ村 スマホ・携帯ブログ 格安SIMカード・MVNOへ

スポンサードリンク