読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

格安スマホ SIMで節約生活^^

格安スマホと格安SIMの記事を書いています。大人気の『ZenFone』『HUAWEI』の記事や、MVNOの『Nifmo』さん『楽天モバイル』さん『DMMモバイル』さんなどの紹介記事を中心に、格安スマホへ乗り換える人や、検討、比較をする人に読んで頂ければ幸いです^^皆さんも格安スマホで節約生活しましょう!

【格安スマホ 初心者向け】 格安スマホにして、『損』をした方の例を紹介。合わせて『損』をしない方法も紹介

■格安スマホにして損をしました・・・

f:id:mihohime:20150621080234j:plain

 

先日お問い合わせフォームを設置して方、ポツポツとメッセージを頂ける様になりました。

温かいメッセージから、ちょっと・・・ってメッセージまで色々ですが、ブログを書いていると、どうしても『私からあなた』の一歩通行になってしまうので、色々なご意見を頂けるのは嬉しく思います。

 

そんな中で、先日このようなメッセージを頂きました。

 

~メッセージの内容を抜粋~

***********************

mihohime様

 

いつも楽しく拝読させて頂いております。

さて、先日私も格安スマホのデビューを致しました。

これで、毎月の支払いも浮いて生活が少しは楽になる。

そんな風に思っていたのですが、実際にはマイナスになりそうです。

 

その理由は・・・・

 

********************

 

このような感じのメッセージで、格安スマホにしたのにも関わらず、

『損』をしてしまった方からのメッセージを頂きました。

 

その後、数回のやり取りをさせて頂いた結果、

自分の経験を、多くの人に伝えて欲しいとのことでした。

私もとても参考になると思い、またこういったこともあるんだと教えて頂けましたので、こうやって記事にすることを決めました。

 

メッセージには、ちょっとプライベートなことも書いてあるので、

全文の紹介は出来ませんが、今回は、皆さんにもこの貴重な体験を共有してもらいたいと思います。

 

■無料通話が無いのは知らなかった・・・

今回のメッセージを送ってくれた、『ママ』さん(ニックネームです)は、

10年以上続けていた、『ガラケー』から、月々の支払いが少なくなると知って、

『格安スマホ』に移行した、50代の女性の方です。

 

特に不自由は感じていなかったのですが、テレビCMで広告をしていた、2,000円台で使える格安スマホに、興味が沸いたとのことでした。

 

ほとんど使わない携帯代に5,000円はもったいない。

格安スマホに切り替えた際は、そんな気持ちだったと書いてありました。

 

さて、そんなママさんは、格安スマホに『無料通話』が無いことを知らずに、契約をしてしまったようです。

 

ガラケーをお使いの方や、前に使っていたかたはお分かりでしょうが、ガラケーってプランによって、いくらかの『無料通話』がありますよね?

 

参考までのドコモのガラケープラン

f:id:mihohime:20150621082800j:plain

https://www.nttdocomo.co.jp/charge/bill_plan/plan/value/より引用

 

このように一番安価なプランでも、1,000円分(最高25分)の無料通話が付いてきます。

 

ですので、『無料通話は付いてくるのが当たり前』

そんな風に思っていたようです。

 

ママさんは、この勘違いに加え

『格安スマホは安いから、そんなに無料通話は無いだろう。

「きっと無料通話分は最も少ないプランの20分程度」なんだろう・・・』

 

とそんな風に思い込み、

月に20分程度の電話をしました。

 

そして、その月の請求書を見てびっくり!

通話料が1,000円近くにもなっていたのです。

この10年ほとんど無料通話だけで済んでいたママさんは、

本当にびっくりしたそうです。

 

■問題1、格安スマホやキャリアのスマホには『無料通話』は無い

スマホを使ったことがある人ならお分かりでしょうが、スマホのプランには『無料通話』はありません。

 

これは格安スマホだけではなく、ドコモさんやauさん、ソフトバンクさんのスマホのプランでも同じです。

その代わりに、毎月2,700円を支払って、無制限での通話が出来る

『カケホーダイ』ってプランが最近出てきました。

 

しかし、その『カケホウダイ』も格安スマホにはありません。

ですので、通話した分はそのまま料金に反映されます。

 

私は、多くの方がこのことは知っていて当たり前だと思っていたので、

ちょっとびっくりして、お話を聞いていました。

 

ママさんのように、知らない人もいるでしょうから、

この事実をしっかりと理解しておくことをおススメします^^

 

■無料通話が無い分の打開策は・・・?

このように紹介するだけでは、私のブログの意味がありません!

ですので、私なりの打開策を公開したいと思います。

 

1、無料で通話出来るアプリを使う

2、通話費用を半額にするアプリを使う

 

この二つを提案させて頂きます。

 

1、無料で通話が出来るアプリを使う

f:id:mihohime:20150621090937j:plain

無料通話・メールアプリ LINE(ライン)より引用

 

今は当たり前になった『LINE』ってアプリはご存知ですか?

ネットの回線を使い、無料でメールが出来たり、通話も出来てしまう、すごいアプリです。

このアプリを使い通話をすれば、実質0円で通話がすることが出来ます^^

 

ただ問題点がいくつかあります。

 

・LINEに登録した人同士じゃないとメールも通話も出来ない。

・回線を使うので、『パケット』は使用をしてしまう。

・110や119などの緊急電話や、固定電話などへの通話は出来ない。

・回線が安定しないところだと、通話の品質ががた落ちする

 

LINEはインターネットを利用したサービスで、電話とは似ていますが異なります。

ですので、電話なら当たり前に出来たことが、LINEでは出来ないってことが多くあります。

 

また、無料だと思いガンガン使ってしまうと、

『パケット』の使い過ぎになってしまいます。

 

パケットは使いすぎても、追加料金が発生することはありませんが、

来月に高速通信分が復活する、もしくは追加金を払って通信料を買わないと、

通信速度が使うのに支障が出てしまうくらいに遅くなります^^;

 

また、ネットの回線が安定しないところだと、通話の品質ががた落ちで、

ほぼ会話が出来ないって場所も多々あります。

 

ちなみに、固定電話などにも電話は出来ませんし、登録していない方にも電話もメールも出来ません。

 

ですので、使い方としては、普段多く電話をする、家族やご友人と、

LINEの登録をしておき、普段の通話はLINEで行う。

固定電話への発信や、緊急電話は携帯の電話を使う。

 

一般的な方の通話は、家族や友人への通話で8割以上を占めると言います。

このような使い分けだけでも、かなり通話料は減らせます^^

 

また、自宅などで無線ランがある方が多いと思いますが、

その無線ランを使えば、ほぼ無料で電話をすることが可能になります。

 

*LINEの詳細はこちらのLINEのHPでご確認下さい。

無料通話・メールアプリ LINE(ライン)

 

2、通話費用を半額にするアプリを使う

LINEを使用出来ない、固定電話などへの通話を半額に出来るアプリがあります。

それがこちら。

f:id:mihohime:20150621090411j:plain

楽天でんわHPより引用

 

私のブログで何度も紹介しています、『楽天でんわ』です^^

このアプリを使用すると、番号もそのままで、

純粋に通話料を半額にすることが出来ます^^

 

また、回線も通話の回線をそのまま使用するために、通話品質の問題もありません。

スマホの電話帳に登録してある電話番号もそのまま使えます。

このアプリに関しては、特に問題が見つかりません。

 

このアプリを使って通話をすることで、通話料が半額になります。

先ほどのLINEと合わせると、かなりの節約になりますね^^

 

登録などは以前に記事を書きましたので、そちらからご確認下さい。

■問題2、SMSは有料です

ガラケーの全盛期時代には、当たり前だった機能に、『SMS』があります。

ドコモなら『ショートメール』、IDO(現在のau)ならプチメール、Jフォン、ツーカーなら『スカイメール』(書いていて懐かしすぎます!(笑))

 

このように、電話番号だけでメールが送れるサービスが昔から存在し、

今も『SMS』と言った名前であります。

 

相手のメールアドレスを知らなくても、携帯番号さえ知っていれば、送ることが出来るので、普段メールアドレスの交換をあまりしない年代の方には、とても親しみがあるサービスです。

 

さて、今回のママさんは、このSMSでも多額の費用を払うことになりました^^;

 

今までガラケーを使っていたママさんは友人などに、

スマホに変えたら、LINEなどをしたいので、連絡を下さいね。

そんな風に言われていました。

 

今回晴れて格安スマホにデビューをしたのですから、ママさんは友人達に変わったことを連絡することになりました。

 

顔が広いママさんは、友人の数が多いので、電話での連絡は面倒だしお金が掛かるとして、メールにすることにしました。

そこで、友人達のメールアドレスを知らないママさんは、SMSを使って連絡をしました。

内容はこんな感じだったそうです。

 

*******************

ママです。

 

ついに私もスマホデビューをしました。

まだまだ使い慣れていなくて大変ですが、

LINEなどを使って、皆と連絡を取りたいと思います。

電話番号は変わらず今までどうりなので、

皆からの連絡をお待ちしております。

 

あと、スマホに変えたので、アプリとかを入れたいのですが

何を入れたらいいのか分かりません。

良いアプリがあったら教えて下さい。

 

*******************

 

こんな簡単なメッセージをご友人100人位、このあと皆さんと数回のメールのやり取りをしたのですが・・・

やはり、請求書を見てびっくりされたようです。

 

その額なんと、1,800円!

 

簡単に遅れるSMSですが、知らないと怖い仕組みになっています。

 

■SMSは文字数によって値段が変わります。

今までのメールだと一回いくらとか、アドレスがあるメールだと、

パケットを利用するので、無料(パケットは掛かる)だったりしたので、

気軽に使われる方が多くいます。

 

しかし、SMSはその送る文字数によって値段が変わるってご存知でしたか?

ドコモさんなどで、一覧表を出しています。

f:id:mihohime:20150621095128j:plain

ご利用料金 | サービス・機能 | NTTドコモより引用

 

このように文字数により、値段が変わる仕組みになっています。

今回のママさんの送ったメールは、160文字。

つまり1通辺り、9円のメールを100通以上 送っていたのです。

更に数回のやり取りをしてしまったので、このような金額になってしまいました。

 

SMSはガラケーだと『無料通話』に含まれるので、値段を気にすることは少なかったと思います。

しかし、無料通話がない格安スマホでは、このSMSの値段を気にするようにする必要があります。

 

■SMSでの費用の対策は?

 ここでの対策も2つの提案をさせて頂きます。

 

1、LINEを上手に使う。

2、送り先のメールアドレスを取得する。

 

先ほどの通話の際と、多少被りますが、こちらの提案をさせて頂きます。

 

■1、LINEのメール機能を上手に使う

通話の際にも紹介したLINE。

こちらは本来は、メール機能のアプリです。

 

このLINEを使えば、パケット分の費用でメールを送ることが出来ます。

また、ご友人達やご家族と、グループ設定をしておけば、

一度に多くの方にメールを送れます。

 

通話にメールと、とても便利なアプリなので、ぜひご検討下さい^^

 

2、送り先のメールアドレスを取得する

これが最も確実な方法です。

相手のメールアドレスを聞いたりして、そのアドレスにメールを送ります。

文字の他に、画像や動画、ワードやエクセルのファイルなど色々送れて、使うのはパケットのみ。

 

自宅の無線ランや公共のwi-fiポイントで接続すれば、無料で送ることも可能です^^

 

ただし、人数が多いと一度に聞くのは大変なので、ご友人やご家族から初めてみてはいかがでしょうか?

 

また、自分アドレスが分からない、もしくは無いって方は、『Gmail』がおススメです。

過去に設定方法などを記載していますので、こちらで確認して下さい。

ガラケーから移行する際には、こちらの記事が役に立つと思うので、一度は目を通してみてください。

 

■まとめ

以上の二つが原因で、ママさんは月々5,000円だった携帯の代金が、

先月は6,000円にもなってしまったようです^^;

 

しかし、今回の紹介したことを行っていれば、半額の3,000円程度で済んでいたと、計算することが出来ました。

 

今回の事例は格安スマホに移行したばかりで、

SMSなどを多く使ってしまったのが、そもそもの原因でしょうが、

もし、そのまま続けていれば、今後も損をしていた可能性が高かったのも事実。

 

折角、特に問題が無かったガラケーから、格安スマホに変えたのですから、

なるべく節約が出来るようになりたいですね^^

 

そのためには、ちょっとのコツと労力で、劇的に費用を抑えられますので、

一度チャレンジしてみて下さい^^

 

今回は、『ママ』さんのご協力で記事が出来上がりました。

本当にありがとうございました。

 

ママさんもこれからは、『節約女子』として頑張ってくださいね^^

 

合わせて読みたい記事

 

 

RSS登録で更新をいち早く知ることが出来ます。ご登録をお願いします。

follow us in feedly にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ スマホ・携帯情報へにほんブログ村 スマホ・携帯ブログ 格安SIMカード・MVNOへ

スポンサードリンク