読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

格安スマホ SIMで節約生活^^

格安スマホと格安SIMの記事を書いています。大人気の『ZenFone』『HUAWEI』の記事や、MVNOの『Nifmo』さん『楽天モバイル』さん『DMMモバイル』さんなどの紹介記事を中心に、格安スマホへ乗り換える人や、検討、比較をする人に読んで頂ければ幸いです^^皆さんも格安スマホで節約生活しましょう!

【UQ mobile】 UQmobileで格安スマホ始める? 本気を出してきたau系のMVNOを紹介します。11/4版

■一気に選択肢に挙がってきそうです

f:id:mihohime:20161029071538j:plain

 

MVNO紹介第3弾。

 

今回はau系のSIMを使い、3大キャリア並みの通信速度を叩きだしてきた知る人ぞ知る良MVNOの『UQ mobile』さんを紹介します。

 

UQmobileさんと言うと、これまでは実際にはかなり地味な存在でした^^;

 

他者なんかが行っている速度調査では、毎回のようにトップに立ち続けていて抜群の安定度があるにも関わらずです。

 

その理由の明確な分けがあるのですのが、それを今回払拭するかのように、一気に本気を出してきました!

 

今回はその動きと、UQmobileさんの特長を合わせて紹介していきます。

 

■本気を出してきたラインアップ

f:id:mihohime:20161029072234j:plain

 

au系のSIMを使うUQmobileさんの最大の弱点は、そのラインアップの少なさ。

 

これは、3G回線が世界でも主流なドコモでも使っている回線を使わず、マイナーな回線を使用してきたため。

 

この回線は互換性が無い為に、ドコモの回線とauの回線を両方使うには、スマホに両方の設備を付けなくてはいけません。

 

格安スマホと言えばSIMフリー機との組み合わせが一般的です。

 

多くのSIMフリー機は主流なドコモが使う回線に合わせて作っているため、わざわざ費用を掛けて世界でもマイナーなau系の設備を付ける必要性がないのです。

 

そういった理由からどれだけいい回線を持っていても、対応機種が無い為に普及がしたくても出来ないと言った状況が続いていました。

 

しかし、今回はその最大の弱点を補うために、ラインアップを大幅にアップしてきました。

 

少ないときはたったの2機種だったラインアップも、今回はなんとその数14!

 

それもこれから発売される機種が多く、選びがいもあるラインアップになっています。

 

この本気のラインアップで一気に選択肢の一つに挙がってきました。

 

■ラインアップはこちら

総ラインアップはこちらになります。

f:id:mihohime:20161103070401j:plain

f:id:mihohime:20161103070403j:plain

f:id:mihohime:20161103070405j:plain

 

 これを見て頂いて分かるように、8月までは数機のラインアップしかなく、寂しくもあったのですが、10月には3機、さらに今月来月で5機種も増えて、総勢11機種となります。

 

古く感じる機種もZenFoneの1世代前の機種で、どちらも現役で使われている位で、ほぼほぼ新機種がラインアップされています。

 

Alcatelは私も使っていますが、デザインが秀逸の良い機体です。

 

その他にもZenFone 3だったり、AQUOSがあったりと四角が無いラインアップになっています。

 

あと、iPhoneも5Sですがラインアップされています。

 

■おススメな機種はこちら

このラインアップの中からおススメをピックアップしておきます。

 

おススメ1

ZenFone 3

f:id:mihohime:20161103071337j:plain

 

やはり今季一番の人気機種のZenFone 3はおススメです。

 

とんでも無く高性能とか、あれもこれもの機能が付いた高機能型ではありませんが、全てのバランスが上手にまとまっており、それらが高レベルでまとまっています。

 

おさいふケータイなどが欲しい方には向いていませんが、iPhoneの延長線上で考えるならかなりおススメです。

 

普段使いなら快適に使える機体になります。

 

おススメ2

arrows M03

f:id:mihohime:20161103071759j:plain

こちらは高機能型の日本製。

 

今までキャリアのスマホを使っていた方には、使用感そのままで使ってもらえる機体です。

*主な機能はこちら

f:id:mihohime:20161103071938j:plain

富士通さんのarrowsシリーズの格安スマホ版。

 

今機が3機種目ですが、どんどんデザインも機能も洗練されていっていますね^^

 

実際に私も使っていますが、何の支障もなく使えています。

 

ただし、スペックは中級なので、色々な作業をし始めたり、3Dの重たいゲームを動かすと動きがカクカクしたりします。

 

と言っても人気のあるライトなゲームなどは普通に動くので、普通に使う位って思う方は問題ないでしょう。

 

以上です。

 

現状買える機種ではこの2機種がおススメです。

 

12月には魅力的な機体が販売されるので、そうしたらまたおススメな機体が増えそうです^^

 

■魅力的な料金体制

f:id:mihohime:20161104065254j:plain

 

こちらが料金体系になります。

 

基本的にはこの2つの『ぴったり』と『たっぷり』のプラン体系になります。

 

ぴったりの方は、無料通話が3600円分(90分)分も付いて、1980円になります。

 

90分だと1日に3分間の電話なら毎日掛けても良いことになりますので、あまり電話をしない方には十分過ぎる無料通話分ですね^^

 

データ量が2GBなのが若干少ないですが、そこはデータの使い方を節約して使いましょう(wi-fiを上手に使うなど)

 

たっぷりの方はこれで十分かなって思える、無料通話とデータ量です。

 

2,980円と多少お高くなりますが、許容範囲であると私は思います。

 

さて、実際にここから機種代がかかるんでしょう?なんて思ったあなた!

 

なんと機種代を入れてもこのような金額になります。

 

f:id:mihohime:20161104070254j:plain

 

色々と割引がされて、気が付けば元の金額に・・・・実質0円ってやつですね(笑)

 

これって、ドコモなどの3大キャリアは是正されているのに、格安スマホなら許されるのでしょうか・・・?

 

さて、ということで最初の1年は(13か月間)は1,980円や2,980円でスマホが開始できます^^

 

ちなみにこれは機種によって値段が変わります。

 

例えばの例で2つほどあげておきます。

f:id:mihohime:20161104070613j:plain

f:id:mihohime:20161104070616j:plain

 

ここでもiPhoneは優遇されているのに驚きです(笑)

 

キャリアにはiPhone5Sが余っているのでしょうか・・・・?

 

実質的に2年縛りとなってしまいますが、毎月の費用をかなり抑えられることは嬉しく感じます^^

 

■中古品を買うときは注意が必要!

ドコモ系のSIMと違い、au系のSIMの場合は中古品の購入の際にはいくつかの注意点が必要になります。

 

単純にドコモ系の機体は使えませんし、auの中古品でも使えない機体があります。

 

また、ASUSの機体簡単に言えば『ZenFone』シリーズも対応されていますが、しっかりとUPデートが行われていないと使用が出来ません。

 

他にもテザリングが出来ない機体があるなどと、色々問題がありますので、こちらのページから使用出来る機体を確認してからの購入をおススメします。

www.uqwimax.jp

 

この辺りが分かりづらい、面倒だと思う方は、今なら新品が0円~手に入るので、中古品にこだわる必要もないと思います。

 

■まとめ

爆速回線として有名だった『UQmobile』さん。

 

これまでの弱点だった機種の少なさをついに克服し、一気に魅力的なキャリアへと進化してきました。

 

未だにドコモ系が優勢ですので、今後しばらくは爆速が期待できるUQmobileさんを一度検討してみるのはいかがでしょうか?

 

さて、残るはソフトバンク系のMVNOですが、Y!mobileさんがいる限り不可能なのでしょうか???

 

これからも格安スマホの動向が楽しみです^^

 

*さらに詳細を知りたい方は、UQmobileさんの公式HPへどうぞ

格安スマホならUQ mobile

 

*今回紹介した画像はUQmobileさんのHPから引用しています。

 

フォローやブログ応援をお願いします^^ブログ運営の励みになります

follow us in feedly にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ スマホ・携帯情報へにほんブログ村 スマホ・携帯ブログ 格安SIMカード・MVNOへ

スポンサードリンク
   

ついでに読みたい!他の最新記事はこちらです