読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

格安スマホ SIMで節約生活^^

格安スマホと格安SIMの記事を書いています。大人気の『ZenFone』『HUAWEI』の記事や、MVNOの『Nifmo』さん『楽天モバイル』さん『DMMモバイル』さんなどの紹介記事を中心に、格安スマホへ乗り換える人や、検討、比較をする人に読んで頂ければ幸いです^^皆さんも格安スマホで節約生活しましょう!

【Windows Phone4インチサイズ】 国内最安モデルが登場!これまでの最安の『KATANA01』と比べてみた

Windows10 mobile

■4インチサイズを求めていた方には朗報です!

f:id:mihohime:20160207064648j:plain

WPJ40-10 | Windows10 | 8インチタブレット | geanee

 

先日から、ジェネシスホールディングス(geanee)より4インチのWindows10mobile対応のスマホが発売されています。

 

主な特徴は4インチなことやカラフルなカバーにあります。

その中で最も目立つ特徴は『価格』

 

現在、日本で発売されているWindows10mobileの中で、最も安価な値段設定。

販売されている『NTT-X Store』では1万2438円(税込)、税抜きだと1万1517での販売になっています。

 

これはこれまで最安だったFEETELの『KATANA01』の1万2800(税抜)を抜く安さになります。

 

と言うことで今回は、この機種『geanee WPJ40-10』の紹介と、KATANA01との最安比較をしたいと思います。

 

■『geanee WPJ40-10』の詳細はこちら

f:id:mihohime:20160207065835j:plain

WPJ40-10 | Windows10 | 8インチタブレット | geanee

 

まずはこの機種の紹介をしていきます。

 

スペック

WPJ40-10

サイズ: 124.5mm ×62.8mm ×約9.9mm

画面サイズ: 4インチ TN液晶

解像度: 480×800

重さ :約136.8g

OS :Windows10 mobile

CPU: MSM8909 1.1GHz

メモリ :1GB

ROM: 8GB

カメラ :アウト500万画素 イン200万画素

バッテリー :1800mAh

 価格: 1万1517円

 

対応バンド:

LTE (4G): 800(B19) / 900(B8) / 1800(B3) / 2100(B1) MHz

WCDMA(3G) : 800(B6、B19) / 1700(B9) / 2100(B1) MHz

GSM(2G) : 850 / 900 / 1800 / 1900 MHz

 

スペックからみると、明らかなローエンドモデル。

性能をかなり抑えたモデルになります。

それでもLTEの1.3.8.19に対応しているので、SIMフリー機として十分に働いてくれそうです^^

 

また windows10mobileはかなり軽いOSだと言うことが、判明していますので、これでも十分に動くことが予想されます。

 

幸いなことにメモリなどを多く使う、Windowsの目玉機能(個人的に目玉機能です!)の『Continuum』には非対応なので、そこまで使用して困ることは無いでしょう。

 

まあ、遅いなーって思うことはあるかもしれませんが・・・

 

■カラフルボディーは好印象

f:id:mihohime:20160207071238j:plain

WPJ40-10 | Windows10 | 8インチタブレット | geanee

 

今回、購入すると背面カバーが3色付属されてきます。

 

ホワイトは『シルバー/ピンク/グリーン』

ブラックは『ブラック/ネイビー/オレンジ』

 

さらにオプションで3色販売予定です。

f:id:mihohime:20160207071457j:plain

 WPJ40-10 | Windows10 | 8インチタブレット | geanee

 

個人的にはこういったポップなカラーは好きだし、持っていて楽しくなるので、嬉しいサービスだと思っています^^

 

特に3色もあれば、傷が付いたら交換できる・・・・

そういった利点も正直ありますね^^;

 

■4インチなことがかえってメリットに?!

この機種の画面サイズは4インチになります。

お陰でサイズも小さく、124.5mm ×62.8mm ×約9.9mmに収まっています。

 

これは最近のモデルに比べてかなり小さいサイズです。

ちなみに今私が使っている6インチモデルFREETELの極は、高さ:159.5mm 幅 :82.9mm 厚さ :8.9mm

縦横、3センチ近く大きくなります。

 

これだけ小さいと色々と便利なことも増えてきますし、軽い分持ち歩きも便利になります。

4インチと言うとなんだか小くて使いづらそう・・・

なんて思うかもしれませんが、iphoneで言うと5までが4インチでしたから、そんなに使い勝手が悪いとは思いません。

 

最近はどんどん大きくなっていく一方のスマホですが、小さいものも選べることが嬉しく思います^^

 

■KATANA01との比較

それではこれまで最安値(Windows10mobileでは)だった、FREETELの『KATANA01』と比較をしていきます。

f:id:mihohime:20160207211739j:plain

 

KATANA01が公表していない物が多いので、全てを比べることが出来ませんが、こう見るとほぼ同じスペックであることが分かります。

 

KATANA01は4.5インチであるメリットがありますが、これはバッテリーの消費も増えることになるので、実際の使い勝手はWPJ40-10の方が良さそうに思えます。

 

と言っても大きな差は無いでしょうから、なるべく大きな画面が欲しい方はKATANA01を選ぶのが良いかもしれません。

 

また、WPJ40-10には3枚のカバーが付いてきます。

このメリットは大きいですし、カラーで遊びたい人はこちらにした方が良いでしょう^^

 

以上のことから、正直『好み』で買うのが良いかと思います(笑)

 

■まとめ

今回のWPJ40-10は久々に紹介した『geanee』のスマホです。

4インチのモデルは中々魅力があるモデルです。

 

価格も安価なので、試しにセカンド機として持ってみるのも良いかもしれません^^

オフィスなども使える利点も考えると、この価格は破格になってきます。

一般よりもビジネスで使うと面白い機体になりそうです。

 

以上、安価なWindows10mobile機の紹介でした。

 

 

フォローやブログ応援をお願いします^^ブログ運営の励みになります

follow us in feedly にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ スマホ・携帯情報へにほんブログ村 スマホ・携帯ブログ 格安SIMカード・MVNOへ

スポンサードリンク
   

 

 

ついでに読みたい!他の最新記事はこちらです