読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

格安スマホ SIMで節約生活^^

格安スマホと格安SIMの記事を書いています。大人気の『ZenFone』『HUAWEI』の記事や、MVNOの『Nifmo』さん『楽天モバイル』さん『DMMモバイル』さんなどの紹介記事を中心に、格安スマホへ乗り換える人や、検討、比較をする人に読んで頂ければ幸いです^^皆さんも格安スマホで節約生活しましょう!

【Y!mobileのiphone】 Y!モバイルのiPhoneは実際にお得なのか?ちょっと調べてみた

iphone Apple 【キャリア】Y!mobileさんから買う?

■安いイメージではあるけれど・・・・

f:id:mihohime:20160308210618j:plain

iPhone | ワイモバイル(Y!mobile)

 

さて先日発売された、Y!mobileのiPhone。

 

機種が2年前のiPhone5Sであることや、2年縛りがあることなど、制限なども多いですが、安価なY!モバイルのプランでiPhoneが使用出来ることは嬉しい限りです^^

 

さて、この時点で疑問に思う人もいるかと思いますが、私はY!モバイルのプランを『安価』と言いましたが、実際にはどうなんでしょう?

イメージ的には安価であると思いますが、実際に計算したわけではありません。

 

と言うことで、今回はこの費用を実際に計算し、更にドコモでiPhoneを買った場合と比べてみたいと思います。

 

ある程度の方に参考になるように、時事的な割引や、家族割りなどは抜いて計算をしています。

 

最初に言っておきますが、結果はかなりのものになりましたよ^^

 

■まずは、Y!モバイルの試算

まずは今回のメインになるY!モバイルのiPhoneの費用を計算していきます。

 

今回試算するのは、iPhone5Sの16GBモデル。

今回の最も安価になるプランです。

その費用はこちら

f:id:mihohime:20160308211240j:plain

料金・割引 | iPhone | ワイモバイル(Y!mobile)

 

基本的な費用は63,504円。

これを24回で分割して支払うと、2,646円の24回払いになります。

当然一括で払うことも出来ますが、今回は分かりやすくするために、24回払いを選択していきます。

 

また、Y!モバイルは『月額割引』として、毎月1,566円~2,538円の割引が適応されます。

単純にプラン料金が高いほど、割引が多くなる方式で、2,538円の割引を得るためには、毎月の基本料金を3,000円上げなくてはいけませんから、結果的に損をする人も多いかと思います^^;

 

また、今回ドコモと比較をするので、最も安い1GBプランのスマホプランSではなく、3GBのスマホプランMを選択していきます。

ドコモが安価にしようとすると、最低データ数が5GBになってしまうために、なるべくこの差が無いようにするためのプラン選択です。

 

ちなみに現在MNPでY!モバイルを選んだ場合・・・

f:id:mihohime:20160308212501j:plain

データ容量2倍キャンペーン|キャンペーン・おすすめ情報|Y!mobile(ワイモバイル)

 

このキャンペーンが適応されるので、データ量はほぼ同等になってきます。(実際には倍と言っても面倒な手続きが欲しいですが・・・)

 

さて、この結果出てくるのがこの試算表。

f:id:mihohime:20160308212322j:plain

iPhone 5s 16GB お申し込み | Y!mobile オンラインストア

 

機体代金、データ6GBまで使用、通話を一回10分間を毎月300回まで入りこの値段です。

 

個人的にはかなり安いと思います^^

まあ、もっと安くしようと思えば、MVNOの選択で可能ですが、この無料通話分がかなり魅力なので、通話の回数が多い方にはかなりおススメです。

 

■ドコモで買った場合の試算

次はドコモで買った場合です。

この場合はiPhone5Sがドコモでもう販売していないので(ネット販売では)、ドコモで今買えるiPhone6Sで試算していきます。

 

その結果がこちらです。

f:id:mihohime:20160308213321j:plain

iPhone料金シミュレーション | iPhone | NTTドコモ

 

こちらはY!モバイルに合わせて、カケホーダイライトにプランを設定しました。

最も安価にしたければ、カケホーダイプランで、データパックSを使用すれば、ここから600円近く値段が下がります。

 

今回はこの2社の条件をなるべく揃えたかったので、あえて両者このような感じにしてみました。

 

Y!モバイルと圧倒的な差はその機種。

やはり最新機種が使えるのはかなりのお得ですね^^

iPhoneはやはり流行があるので、最新機種であることはかなりのメリットだと思います。

 

■2年間使った際の料金の差は・・・?

さて、今回出したこのプランで両社共に2年間使った場合。

その場合の費用を計算していきます。

 

Y!モバイル

購入機器:iPhone5S(16GB)

購入プラン:スマホプランM(3GB)+3GB(2年間)

MNPにて購入(ソフトバンク系列以外からのMNP)

 

毎月の料金:3,758円(1年間)1年後4,838円

最初の1年間:45,096円  次の1年間:58,056円

2年間のトータル費用:103,152円

 

ドコモ

購入機器:iPhone6S(16GB)

購入プラン:カケホーダイライト+データMパック(5GB)

MNPにて購入(ドコモ以外からのMNP)

 

毎月の料金:7,701円

2年間のトータル費用:184,824円

 

各社このような結果になります。

 

この結果を並べてみると・・・

 

Y!モバイル  毎月平均(1年目と2年目の値段の平均):4,298円

ドコモ  毎月:7,701円

 

差額:3,403円

 

3,000円以上の結果になりました。

格安スマホの料金帯で考えると、3000円あれば、もう1回線買えますから、かなりの差になったと思います。

 

これを2年間(24か月)にしてみると・・・

 

Y!モバイル  103,152円

ドコモ    184,824円

 

差額:81,672円

 

これも驚きの結果に^^:

2年間で考えるとこんなにも値段の差が出ます・・・

 

差が出るとは思っていましたが、実際に金額で表示するとかなりの衝撃ですね。

2年間の差額を考えれば、2年ごとに新作のiPhoneが買える金額なので、ドコモが最新機種だってメリットが無くなってしまうかも^^;

 

■単純にこの結果にはなりません

今回の結果は、誰もがこの結果になるとは限りません。

ドコモの場合は、家族割りや年数割などがあり、実際にはもっともっとお得になっている人が多くいます。

 

国に是正を求められた、機種の値引き合戦も1月2月は収まっていましたが、この3月にちょっと隠れてやっている店舗も出ているとの情報もありますので、そういったケースが利用できれば、更にお得に買えている人も多くいるでしょう。

 

ただ、何も無く普通に買うことをしなければ、今回の結果ほど差が出ないことが考えられます。

 

■もう一度Y!モバイルで買うメリットをまとめてみると・・・

さて、最終的なまとめとして、Y!モバイルでiPhoneを買うメリットをもう一度考えて見たいと思います。

 

1、基本料金が安い(ドコモなどに比べ)

2、通信が安定している(MVNOなどに比べ)

3、AppleCare+ for iPhoneが使える(毎月576円)

4、窓口が多く故障時の対応などが楽(MVNOに比べ)

 

この程度はメリットとして考えられますね。

 

■まとめ

今月末に新作が発表されるiPhone。

どれだけ魅力的になってもほとんど報道されない格安スマホに比べ、人気が無さそうでもしっかり報道されるiPhone。

 

悔しいですが、この位の人気の差は現状あります。

となれば、素直にiPhoneを使っておけば・・・

なんて考える人も多くて当たり前ですよね^^

 

そんな方々の為に、こうやって格安スマホとしても使える!って選択肢をくれたY!モバイルさんには感謝しなくてはいけませんね。

 

さて、このiPhoneが今後どれだけ評価されるのか・・・

その結果が楽しみです。

 

*Y!モバイルの購入サイトはこちらになります。

気になる方はこちらで確認お願いします。

Y!モバイルさんHPはこちら

フォローやブログ応援をお願いします^^ブログ運営の励みになります

follow us in feedly にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ スマホ・携帯情報へにほんブログ村 スマホ・携帯ブログ 格安SIMカード・MVNOへ

スポンサードリンク
   

 

 

ついでに読みたい!他の最新記事はこちらです