読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

格安スマホ SIMで節約生活^^

格安スマホと格安SIMの記事を書いています。大人気の『ZenFone』『HUAWEI』の記事や、MVNOの『Nifmo』さん『楽天モバイル』さん『DMMモバイル』さんなどの紹介記事を中心に、格安スマホへ乗り換える人や、検討、比較をする人に読んで頂ければ幸いです^^皆さんも格安スマホで節約生活しましょう!

【ZTE BLADE V6】 DMM mobileの新作はZTE製。2万円代のフルアルミボディーは見逃せない!!!

BLADE V6  ZTE 【キャリア】DMM.comさんから買う?

■ZTEは中国の会社です。

f:id:mihohime:20151125113358j:plain

Blade V6 | スマートフォン - DMM mobile

 

安定した速度と、便利なバースト機能が特長で、MVNOの中でも人気が高い『DMM mobile』

そのDMMから新作が発表されていました。

 

ちょっとノーマークだったので、不意を突かれて発表から時間が経っての記事になりました。

 

新作の機種は『ZTE Blade V6』

ZTEは中国の会社で、日本で馴染みの無い会社ですが、世界で見るとシェア上位にいるメジャーな会社です。

日本だとメジャーなソニーや京セラよりも売れています^^;

 

実は格安スマホでも販売をされていて、『gooのスマホ』のgo02なんかもZTEの機体を使っています。

 

そ んなZTEが出した新作を、今回DMMが採用することになっています。

さて、そんなZTEの出したスマホはどういったものなのでしょうか・・・?

 

■スペックはミドルクラス

スペックはちょっと見慣れてきたミドルクラス帯。

他に比べても可もなく、不可も無いって印象です。

 

スペック

サイズ 幅:69.5mm × 高さ:142mm × 厚さ:6.8mm

画面サイズ :5.0インチ

解像度 :1280×720 (HD)

重さ :122g

OS :Android 5.0

CPU :MT6735 Quad-core 1.3GHz

メモリ :2GB

ROM :16GB

カメラ :メインカメラ1300万画素 インカメラ500万画素

バッテリー :2200mAh

価格 :2万6800円

対応バンド

LTE(4G): 2100(B1)/1800(B3)/900(B8)/800(B19)MHz

WCDMA(3G): 2100(B1)/800(B6)/900(B8)/800(B19)MHz

GSM(2G): 850/900/1800/1900MHz

 

今日本で売れているSIMフリー機のメインボリュームに当たる、スペック帯なので、使って困ることはないでしょうが、大きな喜びも無い・・・・

となると、この機体をわざわざ買わなくても良い・・・?

 

■しかし、この価格帯でアルミボディーを採用!

f:id:mihohime:20151125120015j:plain

ZTE Blade V6

しかし、この価格帯でなんとアルミボディーを採用しています!

この価格帯の多くの機種はプラスティックボディーが基本で、中にはちょっと金属的な部分があればいいほう・・・

 

デザインは良くても、質感は価格なり・・・って機種が多い中、なんとこのBlade V6はフルアルミボディーを採用しています。

 

なんだかデザインが、リンゴのマークの機種に似ているようないないような気もしますが、そこは気にしない!

 

ちなみに表面はこんな感じです。

f:id:mihohime:20151125120354j:plain

ZTE Blade V6

ここまで似ていると逆に清々しい気持ちになります(笑)

 

ここでちょっと小話を思い出したので紹介します。

ちょっと前、もしかしたら今でもそうなのかもしれませんが、車の祭典モーターショーを行うと、メジャーを持った軍団が日本車の採寸を始めるそうです。

クラウンとか、カローラとか・・・

その採寸をしているのが中国系の企業。

日本製の車を模写する為に、採寸をしているのですね^^;

 

しかし、時を遡ること半世紀前・・・

同じようにモーターショーが行われている会場に、メジャーを持った集団がいました。

また、中国か!と思いきや、この集団はなんと日本人・・・

ベンツなどの外国車の情報を少しでも集めようと、採寸をしていたんです^^;

 

このように、良いデザインや機能は、模写される運命にあり続けるのですね・・・

 

■イメージ動画がありました^^

さて、海外のZTEのサイトを見ていたら、紹介動画がありました。

かなり良い出来でしたので紹介をしておきます。

ただ、出来は良いのですが、この機種の良さはあまり分からない・・・(笑)

スマホをスペックや機能で語る時代は終わり、スマホを持つことで出来るライフプランを訴える・・・

そんな時代になっているのでしょうか。

 

■取り扱うDMMのプランはこちら

ちなみにDMMから買う場合は、機体のみの購入は出来ません。

ですので、DMMのプランを紹介しておきます。

通話SIMの場合

f:id:mihohime:20151125121922j:plain

DMM mobile プラン・料金

 

データSIMの場合

f:id:mihohime:20151125153337j:plain

 

共に値段はかなりの安価になっています^^

DMMは業界最安値をうたっているだけあって、値段には敏感です。

他社が値下げしてきたら、それに合わせてすぐに値下げしてきます。

 

常に業界最安値で利用できることもDMMさんの魅力の一つです^^

 

また、こんなコースもあります。

f:id:mihohime:20151125153741j:plain

 このシェアコースを使えば、最大3人までデータ料をシェア出来ます。

無駄なく利用できるので、更にお得に使えますね^^

 

■この価格帯のライバルと比べると・・・

現在この価格帯(2万円~3万円)は非常に激戦区になっていて、優秀な機種が多く存在します。

例を出すと・・・

 

ASUS 『ZenFone2 Laser』

HUAWEI  『HUAWEI P8 lite』

HTC 『Desire 626』

FREETEL 『SAMURAI 雅』

 

この他にも更に多くの機種が存在し、どれも各メーカー売れ筋の機種になります。

 

そんな市場に入って言って、勝ち目はあるのか?

と言われたら、私は『ある』と言い切れます。

 

それは先ほど上げた、『フルメタルボディー』

同じ値段だったら、こっちが良いって実物をみたら思うはずです。

幸いなことに、今SIMフリー機の実物を触れる機会や場所が増え、同じ価格帯の機種を触って比較することが簡単になりました。

そういった際に、この機体のアルミボディーはかなりのメリットになると言えます。(あとリンゴの機体にも似ているし^^;)

 

ちなみに今あげた4機種+『Blade V6』のスペックまとめはこちらです。

 

f:id:mihohime:20151125160233j:plain

*クリックで見やすくなります。

 

価格は販売元で上下するので、参考程度にして下さい。

この中では、FREETELさんの『SAMURAI 雅』が価格の面で抜きんでていますが、性能などはほぼ横ならび。

 

この性能に近い機種が数多く存在する中、存在感を発揮するのは難しいと思いますが、実物を見ればきっと良い物だと思うでしょう^^

私も機会を見つけて触ってみたいと思います。

 

■まとめ

まだ発売日が未定になっていますが、今月中には分かってくるでしょう。

携帯は月末に交換する人が多いので、その方々に間に合うような日程であれば嬉しいですね^^

 

2万円代で買えるフルメタルなSIMフリー機・・・

言っているだけで楽しくなるフレーズ満載ですが、皆さんはどう感じましたか?

発熱なども考える、金属ボディーはメリットが多いので、丁度交換時期にいる人は検討してみてはいかがでしょうか???

 

フォローやブログ応援をお願いします^^ブログ運営の励みになります

follow us in feedly にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ スマホ・携帯情報へにほんブログ村 スマホ・携帯ブログ 格安SIMカード・MVNOへ

スポンサードリンク
   

合わせて読みたい記事