読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

格安スマホ SIMで節約生活^^

格安スマホと格安SIMの記事を書いています。大人気の『ZenFone』『HUAWEI』の記事や、MVNOの『Nifmo』さん『楽天モバイル』さん『DMMモバイル』さんなどの紹介記事を中心に、格安スマホへ乗り換える人や、検討、比較をする人に読んで頂ければ幸いです^^皆さんも格安スマホで節約生活しましょう!

【格安スマホ】 ASUSさん zenfone2の紹介と気になる発売日は・・・

ZenFone 2 ASUS

(4/21追記)

デュアルアクティブSIMですが、4G+2G、3G+2Gの組み合わせのみで、日本は2G通信を止めているので、日本では使えない機能になります^^;

海外旅行などでは十分使えます。

■大人気『Zenfone5』の正統後継機誕生

f:id:mihohime:20150205111249j:plain

*ASUSさんのHPより引用http://shop.asus.co.jp/teaser/

 

2/12追記

ASUSさんのZenFone 2特設サイトはこちら

http://shop.asus.co.jp/teaser/

 

現在の格安スマホ界の王様『zenfone5』の正統後継機が発表されています。

その名も『zenfone2』

発売はまだ先ですが、このブログでは最新情報をなるべくお届け出来るように、特設ページを作ることにしました!

 

まずは今までに公開されている情報をまとめてみます。

 

■格安スマホではなくなる?高性能すぎるスペック

まずは気になるスペックからご確認下さい。

f:id:mihohime:20150205105258j:plain

 

今回のzenfoneは2種類のスペックが用意されるようです。

CPUが1.8gHzと2.4gHzの2種類です。

また高性能のタイプには世界初メモリーが4GBが使用され、かなりの高性能機であることが伺えます。

ちなみにこれらはCPUとメモリーが異なるだけで他の性能は異ならないようです。

安価のモデルと、高価なモデル、そんなわけ方をされるんでしょうね^^

 

次は、通信網。

LTEの対応バンドも多いのが嬉しいですね^^

出荷国によって調整するようですが、日本ならほぼ問題無しです。

 

次はカメラ機能。

最近カメラ機能に力を入れてきているASUSさんなので、zenfone2もカメラ機能がかなり強化されました。

f:id:mihohime:20150205110022j:plain

*ASUSさんのHPより引用

写真のように色味が異なるライトを2つ用意し(デュアルトーンLED)かなり自然色に近い撮影も出来ます。

 

1300万画素あれば、携帯カメラとしては十分過ぎる綺麗さです。

ちなみに私が2年前に買ったデジカメは、当時3万円位したのですが、画素数は900万画素しかありません(笑)それでも当時は高性能機と言われていましたが・・・

 

電池

3000mAhの電池を装備し、かなりの強化を図ってきています。

画面が大きくなるなど消費量が多くなっているはずなので、単純に駆動時間が延びる訳ではないでしょうが、現在発売中のZenFone 5はかなり電池が長持ちするようですので、こちらも期待大と見て良さそうです。

また、急速充電機能(30分で6割程度の充電可能)もあり、かなり頼れる電源になりそうです。

 

画面

f:id:mihohime:20150205104648j:plain

現在のZenFone 5は5インチ。

こちらは5.5インチに拡大され、また画面の占拠率が上がったため、かなり大きくなったように感じます。

*ちなみにこちらはZenFone 5

f:id:mihohime:20150116103443j:plain

嬉しいことに解像度はFull HD(1920x1080)で大画面で繊細な画像を楽しめることが可能になりました。

また表面のガラスは硬くて綺麗と有名なゴリラガラス3を採用!

ちなみに豆知識ですが、このゴリラガラス、どこで製造しているかご存知ですか?

・・・・・

そう!

ここ静岡県で作られているのです!!!(あとアメリカと2拠点のみ)コーニング社と言って、アイフォンのガラスでも有名になった会社です。

どうでもいいって言う人も多いでしょうが、一応会社のアドレス貼っておきます(笑

http://www.corning.com/jp/jp/about_us/locations/index.aspx

まあ思いっきり外資系なので、英語だらけのHPになりますが・・・

 

単純なスペックの紹介は以上です。

これだけ見てもかなりの期待が出来る仕様になっていますね^^

 

■デュアルSIMに対応しさらに『デュアルアクティブ』に

(日本モデルの仕様は2/20現在には発表されていないので、下記はASUSプレス情報での記事になります。)

個人的に最も気になったのは、この機能。

デュアルSIMとは、読んでそのままのSIMカードを2つ装着出来る機体であること。

さらに嬉しい機能なのは『デュアルアクティブ』機能がついていること。

 

実は、海外では一般的な機能のようで、このデュアルSIMに対応したスマホは結構な種類が出ています。

SIMが2つ使えるのは結構便利で、会社用のスマホと自分用のスマホを2台持ちしなくてよかったり、通話専用のSIMとデータ専用のSIMを1台で使うことが出来たりと、色々な使い方が出来る機能です。

 

ですが、一般的なデュアルSIMは、その切り替えが必要で、一度電源を切らなくてはいけないとか、アプリなどを使い切り替えなくてはいけなかったりと、不便な面が多かったのも事実。

一方のSIMを利用の際には、一方のSIMは当然非通知になるなどの問題もありました。

 

しかしこの『デュアルアクティブ』は常に2枚のSIMが有効に使え、どちらの通信や通話も切り替えが無く可能になります。

これは本当に便利な機能だと思います。

 

私は普段会社用と自分用の2台持ちをしていますので、これが一台になるとかなり便利だなって思っています^^

 

■気になる値段と発売日は・・・・

このページの一番最初の画面をよく見ると2015.02.13と書かれています。

また水彩画風の画像に描かれている文字は、ZenFoneの頭文字の『Z』。

この日に、日本での発売日や価格が発表されると予想されます。

 

ちなみにアメリカでの発売は決まっており、来月3月の発売。

低価格モデルの価格は199ドル、日本円で2万3千円程度。

ZenFoneとほぼ同等の価格帯、つまり『格安スマホ』の価格帯です!

 

これだけ日本でも人気のモデルになったZenFoneシリーズですので、早々の発売を期待してもいいでしょう。

個人的な予想としては、SIMフリーが解除される5月前には必ず発売されると見ています。

 

以上です。

 

■今年も格安スマホから目が離せない!

去年の年末から凄い勢いで売れている『ZenFone 5』

今年前期の目玉となるであろう『ZenFone 2』

格安スマホ初の海外高性能機『Ascend Mate 7』

日本製期待の星『VAIO』

その他、SIMフリー化に合わせて、標準を絞ってきている各メーカー・・・ 

 

これまでスマホと言えば、アイフォンの一人勝ちでしたが、今年のスマホの主役は確実に『格安スマホ』になります。

 

最新の記事やスマホの紹介をこれからもしていきますので、これからもよろしくお願いします。

 

(2/20追記)

デュアルSIMのデュアルアクティブについて、質問のコメントがありましたので、追記致します。

まず、デュアルアクティブの記事ですが、ASUSのプレスルームと言う公式の情報で、紹介があります。

(下記の2つの情報は原文英文を、和訳して記載しています)

f:id:mihohime:20150220130637j:plain

*ASUSさんのHPより引用 http://press.asus.com/release.php?id=50#.VOaxQvmsVJs

 

上記のページにあるこの記事に記載があります。

f:id:mihohime:20150220130818j:plain

また、他の携帯情報専用ページなどでも、デュアルアクティブの件を言及していますので、気になる場合は『zenfone2 デュアルアクティブ』とでも検索して頂ければ、更に詳しい記事があるかと思います。

 

次に、気になるのは日本国内モデルの仕様です。

現在日本モデルの仕様が発表されていないため、どうなるのか正確に言える状態ではありません。

zenfone2の前モデルに当たる、zenfone5もデュアルSIM対応でしたが、日本で発売されたのは、シングルSIMモデルでした。

 

現在はどうしても、デュアルSIMが欲しい方は、国外モデルを購入して使っています。(この場合は違法になる可能性があるので、自己責任でお願いします)

ですので、ZenFone 2もこのパターンになる可能性があるのが現状です。

このことの情報が足りていなかったので、記事内にも追記をしておきました。

 

個人的な希望はデュアルSIMデュアルアクティブですので、このモデルの発売を期待しています^^

 

以上、追記でした。

 

合わせて読みたい記事。

 

 

よろしければシェアをお願いします。