読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

格安スマホ SIMで節約生活^^

格安スマホと格安SIMの記事を書いています。大人気の『ZenFone』『HUAWEI』の記事や、MVNOの『Nifmo』さん『楽天モバイル』さん『DMMモバイル』さんなどの紹介記事を中心に、格安スマホへ乗り換える人や、検討、比較をする人に読んで頂ければ幸いです^^皆さんも格安スマホで節約生活しましょう!

【HUAWEI(ファーウェイ) P8】 ついにZenFone 2の牙城が崩れるか?!HUAWEIさんからの刺客が参上!

HUAWEI P8 HUAWEI

7/5追記

さらに記事を追加しました。

 

6/17に最新記事を書きました。こちらでご確認ください。

■HUAWEI P8が見えてきた!

f:id:mihohime:20150616202512j:plain

タイムラインの写真 - ファーウェイ・ジャパン / HUAWEI JAPAN | Facebookより引用

 

私が以前今後の注目機になると、断言していた『HUAWEI P8』

その『HUAWEI P8』が近々発表されることになりそうです^^

 

■ソースはFecebook

現在、HUAWEIさんのFecebookにこんな画像がUPされています。

f:id:mihohime:20150616203434j:plain

https://www.facebook.com/HUAWEI.JAPANより引用

 

この4枚の画像に、冒頭で挙げた画像の5枚が上がっています。

これだけだと分からない・・・なんてことはありません!!!

 

■海外のHPで機種が確認出来ます

この画像の元を確認出来る画像が、海外のHUAWEIさんのHPで確認することが出来ます。

それがこちらです。

f:id:mihohime:20150616204246j:plain

f:id:mihohime:20150616204247j:plainf:id:mihohime:20150616204249j:plain

http://consumer.huawei.com/en/mobile-phones/gallery/p8max-en.htmより引用

 

こちらの機体は、『HUAWEI P8max』です。

正確にはP8とは異なりますが、アイフォーンで言うところの、6と6plusの差だと思って頂ければ間違いありません。

 

現在、日本では現行機の『P7とmate7』があるように、P8maxが発売されれば、P8も発売されると、予想が出来ます。

 

さて、この画像と、先ほどのフェイスブックとの画像を見比べてみると・・・

ほぼ一致していることがお分かりだと思います^^

分からない方は、下部のスピーカー口と背面のレンズとカメラを見てもらうと分かりやすいと思います。

 

■いっぱい怪獣ってなんだろ?

これは中国でHUAWEIさんがつけていたキャッチコピーかなんかかな?

単純にP8シリーズは3種類(P8、P8max、P8lite)があるから、それらを一気に発売!!!

・・・とかはちょっと夢を見すぎでしょうか?

 

■もう一度性能などを確認しよう 

先日書いた記事に、性能などをまとめていますので、そちらをご覧下さい。

 

前回はP8のみの性能の紹介だったので、今回は『P8max』の紹介をしておきます。

性能表(海外サイトを翻訳させて頂きました)

f:id:mihohime:20150616210821j:plain

f:id:mihohime:20150616210824j:plain

f:id:mihohime:20150616210827j:plain

http://consumer.huawei.com/minisite/worldwide/p8max/index.htmより引用

 

以上の性能です。

HUAWEIさんは、先日発売された『honor6 plus』で対応バンドにて、残念な結果を出しているので、今回はしっかりとした対応をお願いしたいところです^^

 

■私がもっとも期待しているところはここ!

f:id:mihohime:20150616210833j:plain

http://consumer.huawei.com/minisite/worldwide/p8max/index.htmより引用

 

私だけは無いでしょうが、ついに来た!って方も多いでしょう。

その機能は『3G、LTE両対応のデュアルSIM』

 

今までの海外スマホの多くのデュアルSIMは、片方が3G、LTEで片方が2Gと言う方式。

海外ではまだ2G回線が使われていますが、日本ではすでに終了してしまった回線サービスでした。

 

しかし、今回ようやく両方共に3G、LTE対応の機種が販売になるのです^^

・・・とZenFone 2の時も一人で盛り上がっていましたが、大コケしましたので

正式発表まではちょと黙ってます・・・

 

■気になるのは値段

以前も同じことを書きましたが、4月に行われた発表会での週アスさんの予想は、P8が499ユーロ、P8Maxが549ユーロ。

日本円にして、約67,000円と約74,000円。

正直かなりお高いです^^;

 

ZenFone 2が高くても5万円台なので、このままでは牙城を崩すには至らない・・・かな?

 

しかし、タイで発売価格はP8が59,000円とP8maxが70,000円という情報もあるので、淡い機体かもしれませんが、発表まで期待はしていましょう^^

 

また、P8liteの価格はこれもタイでの価格ですが、29,000円程度とのこと。

このモデルなら買いやすいですが、これならもうちょっとお金出して、Zenfoneかな?

 

■牙城を崩せるかは価格次第

今回のまとめとして・・・

王者のZenFone 2の牙城を崩せるかは、『価格設定』次第となりそうです。

 

5万円台で何とか収まれば、かなり話題になりそうですが、それ以上だとちょっと厳しいかも・・・

この現行機の『Ascend P7』は発売当時は5万円台でしたが、今は3万円を切る価格です。

売れないとこのように一気に値下がりもありますので、HUAWEIさんには頑張ってもらいたいと思います^^

 

合わせて読みたい記事

よろしければFBツイッターでシェアをお願いします。制作の励みになります。

follow us in feedly にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ スマホ・携帯情報へにほんブログ村 スマホ・携帯ブログ 格安SIMカード・MVNOへ

スポンサードリンク