読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

格安スマホ SIMで節約生活^^

格安スマホと格安SIMの記事を書いています。大人気の『ZenFone』『HUAWEI』の記事や、MVNOの『Nifmo』さん『楽天モバイル』さん『DMMモバイル』さんなどの紹介記事を中心に、格安スマホへ乗り換える人や、検討、比較をする人に読んで頂ければ幸いです^^皆さんも格安スマホで節約生活しましょう!

【明日公表】 2015年秋のZenFoneの最新機種が明日公開?どの機体になるのかちょっと予想

読まなきゃ損な情報

■ZenFoneの最新機種が明日に公開

f:id:mihohime:20150906073031j:plain

http://www.asus.com/tw/Phone/ZenFone_Selfie_ZD551KL/より引用

 

2015年秋の『ZenFone』の最新機種を大予想!

 

さて、明日大阪で開催される『新製品体験イベント』でZenFoneの最新機種が発表されます。

 

私は8月に行われた東京の体験会に参加してきましたが(熊さんが)

その際にもらえた機体が『ZenFone2 Laser』

今回の大阪も日本で未発売の機体を発表&プレゼントするようなので、期待に胸膨らんでいる人も多いはず。

 

そこで、ちょっと待ちきれない方の為に、私がどの機体が発表されるのかを大予想してみようと思います!!!

 

■ポイントは『日本未発表』

f:id:mihohime:20150826232604j:plain

上記は、大阪での体験会の募集の際にASUSさんが書いたものです。

ここで書いてあるのが、『日本未発表ZenFone』の文字。

決して、世界未発表とは言っていません。

 

また、これまでの流れから、ASUSさんのお膝元台湾で発表される前に、日本で発表されたことはなく、またこれからも無いでしょう。

と言うことで、明日に発表される機体は・・・

 

『世界では発表されているけれど、日本では発表されていない機体』

 

に絞ることが出来ます。

 

■日本で未発表な機体は???

そこで現在日本では未発表扱いになっている機体をピックアップします。

 

1.ZenFone 2 (ZE550ML)

(解像度などを落とした廉価盤ZenFone2)

2.ZenFone 2 (ZE500CL) 

(5インチ画面にダウンサイズしたZenFone2)

3.ZenFone 2 Go (ZC500TG)

(LTEを切った、3G廉価モデルのZenFone2)

4.ZenFone Zoom

(カメラ機能が充実したZenFone)

5.ZenFone 2 Laser 5.5 インチ

(ZenFone2 Laserの5.5インチ版)

6.ZenFone 2 Max (ZC550KL

(5000mAhもあるバッテリーを積んだ性能を落としたZenFone2)

7.ZenFone Selfie (ZD551KL)

(インアウト共に1300万画素のカメラを搭載した自撮りに特化した機体)

8.ZenFone 2 Deluxe (ZE551ML)

(背面にクリスタルカットカバーを付けたもの)

 

とりあえずこの程度の物が浮かんできました。

 

■今更感が強い機体

この中で、今更感が強く感じるのは上記の1と2。

つまりZenFone2の廉価盤の2機種です。

こちらの2機種は今更感もありますし、日本などの先進国向けでは無いことが名言されています。

スペック的にも『ZenFone2 Laser』と被るので、1と2は無いと思われます。

 

また、3の3G回線のみに絞った『ZenFone2 GO』も無いのかな~。

LTEが主流な日本でLTEが使えない機体は今更感があります。

また、LTEが使えない機体は相当安価にしなくては魅力がないため、日本に投入する価値は薄いでしょう。

現在台湾で約1万4000円で売られているので、日本で発売されてもあまり魅力が無いように感じます。

 

よって1.2.3の3つは無いと思われます。

 

■台湾のASUSさんのラインアップ以外は無いでしょう

・・・とそんな検証をしているのも不毛なので、もっと簡単に考えてみます。

現在台湾のASUSさんのHPに載っている機体は・・・

f:id:mihohime:20150906080533j:plain

ZenFone | 智慧手機 | ASUS 台灣より引用

 

この赤枠で囲った4つ以外は、たぶん発売がされません^^;

だって、本国より先に発売なんてありえない!!!

って台湾の人が言いそうだからです(笑)

 

となると、『ZenFone Go』はさっき無いと言ってしまったので、実質は3種類。

 

・『ZenFone2 Laser(ZE550KL)』(5.5インチ版)

・『ZenFone2 Deluxe』

・『ZenFone Selfie』

 

の3種類に絞られます。

 

■この3種類で考えると・・・

日本ではインチ違いの機種の販売をほとんどしていません。

混同してしまうからでしょうか?

と言うことで、『ZenFone2 Laser(5.5インチ版)』は無し!

 

と言うことで、私はこの2機種のどちらかが発表されると予想します!!!

・『ZenFone2 Deluxe』

・『ZenFone Selfie』

 

と言うことで、この2機種を勉強しておこうと思います。

 

『ZenFone2 Deluxe』

f:id:mihohime:20150906084952j:plain

http://www.asus.com/tw/Phone/ZenFone-2-Deluxe-ZE551ML/Features/より引用

 

スペック

f:id:mihohime:20150906084802j:plain

 

対応バンド(台湾版)

2100MHz(1)/ 1900MHz(2)/ 1800MHz(3) / 1700MHz(4)/ 850MHz(5)/ 900MHz(8)/ 1800MHz(9)/ 800MHz(18)/ 850MHz(19)/ 700MHz(28)

 

特長

基本は日本でも発売中の『ZenFone2』と同じです。

異なるのは、背面にあるカバーです。

上記の写真のようにカットがされている特殊なカバー。

このようにの具合で色が変わるようです。

*これはもしかしたら私の勘違いかもしれません。

f:id:mihohime:20150906085205j:plain

http://www.asus.com/tw/Phone/ZenFone-2-Deluxe-ZE551ML/Features/より引用

 

ちなみに価格は台湾では4GBのZenFone2と同価格で売っています。

日本で発売されたら、同じようにZenFone2とほぼ同額になるでしょう。

また、カバーだけの販売もあり???

 

■『ZenFone Selfie』

f:id:mihohime:20150906085815j:plain

ZenFone Selfie (ZD551KL) | 智慧手機 | ASUS 台灣より引用

 

スペック

f:id:mihohime:20150906090634j:plain

 

対応バンド

TW / JP版:

2100MHz(1)/ 1900MHz(2)/ 1800MHz(3)/ 850MHz(5 )/ 850MHz(6)/ 900MHz(8)/ 1800MHz(9)/ 800MHz(18)/ 850MHz(19)/ 700MHz以上

 

特長

f:id:mihohime:20150906091146j:plain

ZenFone Selfie (ZD551KL) | 智慧手機 | ASUS 台灣より引用

 

この機体に入っている名前から分かるように『Selfie』自撮りに特化したモデルです。

台湾版のHPを見ても、機体の紹介は写真のことばかり^^;

 

自撮り以外にもレーザーオートフォーカスなども採用して、カメラ機能に力を入れたモデルです。

 

機体の性能も3GBのメモリを搭載したり、5.5インチFHDだったりと悪くはない機体です。

価格は台湾では、約3万6000円程度。

 

ZenFone2とZenFone2 Laserの中間位の価格になります、

日本では海外ほど、スマホにカメラ機能を求めないので、そこまで心を掴まれない機種です。

 

しかし、この記事を書いていて気が付いたのは、対応バンドのところ。

LTEの対応バンドのところに、しっかりと

 

(TP/JP)

 

って書いてあるんですね^^;

このTPは台湾、JPは日本ですから、日本での発売は決定事項ってことでしょう^^

 

Deluxeには、台湾バージョンの記載しかなかったため、今回の発表では『Selfie』に決まり・・・かな。

 

■まとめ

今回紹介した機種以外の発表もないことはないでしょうし、私の見落としもあるでしょうから、一概に言えませんが、私の出した答えは・・・

 

『ZenFone Selfie』

 

に決まりました!

この答えがあっているかどうか・・・・

明日の発表が楽しみです!!!

 

フォローや応援をお願いします^^ブログ運営の励みになります

follow us in feedly にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ スマホ・携帯情報へにほんブログ村 スマホ・携帯ブログ 格安SIMカード・MVNOへ

スポンサードリンク
 

 

 

合わせて読みたい記事